インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  いっぴん、ベッピン、絶品! ~歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画

いっぴん、ベッピン、絶品! ~歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画

■肉筆美人画で浮世絵史を通覧
【会期終了】 【開催中止】江戸時代を代表する文化のひとつといえる、浮世絵。広く知られるのは多色摺木版画ですが、絵師の力量が良く分かるのは、一点ものの肉筆画です。肉筆浮世絵の美人画を数多く揃えた展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催されます。
約80件(会期中通して)の肉筆画を、全8章で紹介する本展。重要文化財や重要美術品、そして新発見・再発見作品も含まれる、豪華なラインナップです。

第1章は「初期風俗画と岩佐又兵衛」。浮世絵のルーツは、世相を描いた風俗画。人物の描写が集団から複数、そして個人へと関心が移り、浮世絵の美人画が生まれました。

第2章「菱川師宣の登場」。安房国生まれの菱川師宣は、江戸で絵師として成功。ここに浮世絵が成立します。菱川派、懐月堂派、宮川派が、初期の浮世絵美人画を盛り立てていきました。

第3章「爛熟する浮世絵」。多色摺版画があらわれると、浮世絵はさらに流行。絵師たちの活躍の場が広がるに連れ、肉筆画の需要も拡大しました。ここでは勝川派、北尾派、鳥居派などが紹介されます。



第4章「西川祐信と京・上方の美人画」。上方の浮世絵は、版画よりも肉筆画の方が先行しました。西川祐信、月岡雪鼎、そして祇園井特と、江戸とは異なる独特の濃さが魅力的です。

第5章「喜多川歌麿と鳥文斎栄之」。寛政期の美人画といえば、歌麿と栄之。歌麿の肉筆画は多くありませんが、本展では半世紀ぶりに《隈取する童子と美人図》が出品(後期展示)。栄之の美人画は、旗本出身ならではの品の良さが特徴といえます。

第6章「葛飾北斎とその周辺」。富嶽三十六景をはじめ、風景画で名高い北斎。40代の頃には、美人画の肉筆画を多く手がけていました。この章には北斎と弟子たち、そして同時代の菊川英山や溪斎英泉などの作品が並びます。

第7章は「歌川派王国の浮世絵師」。歌川豊春から始まる歌川派。門人の豊国、豊広。孫弟子に国貞、広重、国芳。その先も近代まで繋がる一大勢力です。

第8章は「めくるめく春画の名品」。男女の営みを描いた春画は、名だたる多くの浮世絵師が手がけています。春画は大衆向けの版画もありますが、その性質上、貴人からの注文制作も多く、肉筆画の名品も少なくありません。葛飾北斎の《春愁図》と《閨中交歓図》は、新発見の作品です。

8章を除くと展示はほぼ年代順で、美人画をテーマに浮世絵史を通覧できる構成。浮世絵の流れを理解する上でも、意義深い展覧会だと思います。

美術館は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在休館中ですが、全作品(春画も含む)の解説付図録は、公式サイトでネット販売中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年4月4日 ]

※一部の作品は前後期で展示替えされます。


 
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間開催中止 前期:4月4日(土)~4月26日(日) 後期:4月28日(火)~5月17日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : https://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ いっぴん、ベッピン、絶品! ~歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社