インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  法然上人八百年御忌奉賛「五百羅漢」

法然上人八百年御忌奉賛「五百羅漢」

■腹から仏、脳天から水
【会期終了】 畳一帖の大きさに5人の羅漢(らかん)×100枚で「五百羅漢」。幕末の絵師・狩野一信(かずのぶ)による空前絶後の大作は、鮮烈な色彩と強烈な陰影で凄まじいまでの迫力です。
東京タワーのほど近くにある、増上寺。150年近く前に、ここに壮大な「五百羅漢図」全100幅が奉納されたことは、長く人々の記憶から消されていました。

羅漢とは、釈迦の弟子。釈迦が残した法を求め、それを悟った人として民衆に信仰されていました。日本では江戸時代中期以降、各地で五百羅漢の木像・石像が作られるなど「羅漢ブーム」ともいえる現象が起こっています。

幕末の絵師・狩野一信は、一般的にはほとんど知られていないでしょう。有名な絵師集団でもある狩野派の最後を飾る存在ですが、ほぼ独学で絵を学んだといわれています。

極彩色でびっちりと描き込まれた羅漢図は、一言でいえばシュール。「自らの腹を開いて、お腹の中の仏を動物に見せる」「脳天から水芸のように水が噴出する」…。リアルな死体からユーモラスな羅漢まで綿密に描きこまれた人物は、仏画の知識とは無関係に強烈な印象を与えます。

全100幅の中で、もっとも意気揚々と描かれているのが、21幅~24幅の地獄の場面。体中に目玉がある赤鬼、割れた氷が突き刺さる寒地獄など、悪夢にうなされそうな場面が続きます。今回の展覧会は展示ケースの奥行きが45cmと浅いので(通常は90cm)、すぐ近くまで寄って見ることができます。

後半には7つの災難の場面を描いたシーンがあります。81幅と82幅は地震の場面、83幅と84幅は台風による洪水の場面です。一信は実際に、1855年(40歳)の時に安政の大地震、翌年には台風による大洪水に見舞われています。今回の震災で私たちが受けたような悲壮感・無力感を、一信も感じていたのでしょうか。

狩野一信は、あと4幅を残して1863年に数え年48歳で病没。残りは妻と弟子が完成させ、増上寺に奉納されました。完成まで残りわずかでの他界は無念だったと思われますが、150年後に開かれたこの展覧会は、各方面で大きな話題を呼んでいます。自身が描いた羅漢のように、一信は天空から我々を見つめているかもしれません。




「えどはく」の愛称で知られる江戸東京博物館についてもご案内します。

JR両国駅ホームからすぐ見える、江戸東京博物館。すぐ隣には両国国技館もあり、町を歩いているとお相撲さんに合うこともよくあります。震災の影響で閉鎖されていた常設展示も、5月1日に再オープン。精巧な江戸時代の町並み模型、昭和初期の庶民住宅など、常設展示も見どころいっぱい。ゆっくり時間を取ってご覧ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年4月28日 ]
 
会場江戸東京博物館
開催期間2011年4月29日(金)~ 7月3日(日)
所在地 〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974
HP : http://500rakan.exhn.jp/
展覧会詳細へ 法然上人八百年御忌奉賛「五百羅漢」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社