インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  菱田春草展

菱田春草展

■実験し続けた、不熟の天才
【会期終了】 明治期の日本画家の巨匠といえば、岡倉天心門下の大観、春草、観山を挙げる方も多いのでは。昨年の横山大観展、下村観山展につづき、待望の菱田春草展が東京国立近代美術館にて開催中です。
菱田春草は明治7年生まれ。大観、観山に続き、東京美術学校(以後、美校。現在の東京藝術大学)の第2期生として入学し、橋本雅邦に師事しました。

展覧会の冒頭は初期の作品から。日本画の基本とされる線描を重視しつつも、新しい絵画表現をうかがわせる、美校の課題で制作した作品などが並びます。その後、春草は美校の教師を務めていましたが、天心が野に下ると教職を辞します。その後、日本美術院の創立に尽力し、新しい日本画の表現を模索。そして大観と春草は墨で輪郭線を描かない表現、いわゆる「朦朧体」を取り入れます。

古代中国の物語が題材の「王昭君」はこの時期の作品。敵国の匈奴の王へ女性を送るため、肖像画で最も醜い者を選ぶことになります。美しい王昭君は、絵師にわいろを贈らなかったために醜く描かれてしまい、敵国へ嫁ぎます。描かれたのは王昭君と女性たちの別れのシーン。女性たちの衣や肌はふんわりとした質感で描かれ、朦朧体の成果が見られます。春草作品で重要文化財に指定されている4点の中の1つです。


第1章 日本画家へ:「考え」を描く 1890-1897年

春草は大観とともに1903年にインド、1904年から1905年には西欧諸国へ外遊します。二人は海外で旅費を稼ぐために連名での個展を開くなど、日本画をアピール。西洋の日本美術観を意識した水墨調の作品は高値で売れ、春草は自信を持って帰国します。

西洋歴訪を経て、春草は色彩研究に打ち込みます。世界的にも色彩研究が発展したのがこの時代。春草も補色の対比や調和など、日本画で行われたことのなかった配色の組み立てに挑むなど、積極的に活動していきます。


第三章 色彩研究へ:配色を組み立てる 1903-1908年

しかし、1906年ごろから春草の眼に異変が起きます。療養生活を余儀なくされ、春草は絵筆をとれない日々を送ります。

療養中、代々木の雑木林を歩いた春草。その体験から復帰後には「落葉」の連作に取り掛かります。今回の展覧会では前期後期併せて5作品が出品(会期中展示替えあり)。「落葉」は今までの日本画にはなかった空気遠近法を取り入れた実験作です。春草はこの制作において「距離」の表現と「画の面白み」との間で悩んだと語っています。


《落葉(未完)》

「落葉」の連作で「画の面白み」の表現を選択した春草は、背景描写を省き、樹木と動物を配した作品を次々と発表。琳派の花鳥画の研究成果もここで結集します。「柿に猫」では、葉や柿、樹木には陰影がなく平面的ですが、猫はふわふわの毛並みや足の陰影など写実的です。

装飾性と写実性という二つの表現の調和は大好評を博し、春草のもとには黒猫図の依頼が殺到しました。


《柿に猫》 菱田春草展 東京国立近代美術館

常に研究と実験を繰りかえし、批判にも耐え、新たな日本画の表現を切り開いてきた春草に追い風が吹き始めた矢先、病魔が春草を襲います。以前から患っていた腎臓病が悪化。春草は36歳の誕生日の数日前に、その短い生涯を閉じます。「黒き猫」を描いた約1年後のことでした。

大観が後に日本画の巨匠と呼ばれるようになると「春草の方がずっと上手い。彼がいたら私の絵は10年進んだだろう」と惜しんだことは有名です。

「不熟の天才」と岡倉天心が評した菱田春草の画業を、余すところなく見ることができる展覧会。前期後期で重要文化財4点すべてを見ることができます。展示替えが多数ありますので、公式ページをチェックしてお出かけください。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2014年9月22日 ]

菱田春草 (別冊太陽 日本のこころ 222)

鶴見香織 (著)

平凡社
¥ 2,484

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立近代美術館
開催期間2014年9月23日(火)~11月3日(月)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://shunso2014.jp/
展覧会詳細へ 菱田春草展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社