インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  東山御物の美 ─ 足利将軍家の至宝 ─

東山御物の美 ─ 足利将軍家の至宝 ─

■美の基準はここから
【会期終了】 足利将軍家が所蔵した美術工芸品である東山御物(ひがしやまごもつ)。当代一流の目利きが選んだ品々は、後の時代でも絵画や工芸を鑑賞するための基準になり、その美意識は現代まで生き続けています。
東山御物は、室町三代将軍の義満と六代の義教が収集した美術品が中核(「東山」は八代将軍足利義政が営んだ東山山荘ですが、収集されたのはより前の時代なので要注意です)。多くは明との交易でもたらされた唐物で、鑑賞の場は将軍邸内に造営された会所(かいしょ)。唐絵や唐物道具の組み合わせを考えたのは、将軍とその近くにいた同朋衆でした。

会期通して106点を紹介する本展。まずは将軍家に伝わる御道具からご案内しましょう。

展示室1の中ほどにある茶碗は、重要文化財《玳被盞 鸞天目》(たいひさん らんてんもく)。見込(茶碗の内側)には二羽の鳳凰と小さな虫、底には花文が見られます。他の唐物天目もそうですが、残念ながら室町時代の由来は不明。後に小堀遠州が所持していたと伝わります。


重要文化財《玳被盞 鸞天目》

奥の展示室2で紹介されているのは、国宝《油滴天目》。八代将軍義政に仕えた同朋集の相阿弥がまとめた「君台観左右帳記」(座敷飾りの指南書)によると「第一の重寳」が曜変(天目)、「第二の重寳」が油滴とされています。

水に油が散ったような景色(器の表面に現れた色や形の変化)から「油滴」と呼ばれますが。この茶碗は粒が大きく、銀色の斑紋が特徴的です。こちらも室町時代の由来は不明ですが、豊臣秀次が所持したと伝えられています。


国宝《油滴天目》大阪市立東洋陶磁美術館蔵

続いて絵画。絵画で足利将軍家が所有していた証拠になるのが、鑑蔵印。義満なら「天山」「道有」、義教は「雑華室印」、義満周辺の善阿弥が管理した幕府の善阿倉にあったものなら「善阿」です。

東山御物の中には、長い伝承の歴史の中で、もとは対だったものが離れ離れになってしまったものもあります。東京国立博物館が所蔵する重要文化財《梅花双雀図》と、五島美術館が所蔵する重要文化財《梅花小禽図》も、元は対幅として伝来したもの。共に「雑華室印」が捺されています(共に観られるのは10/4~11/3)。


重要文化財《梅花双雀図》と重要文化財《梅花小禽図》

本展は会期が細かく7期に分かれており、中には短期間しか展示されないものものあります(詳しい展示期間は公式サイトの出品リストをご確認ください)。

チラシでメインビジュアルになっている国宝《紅白芙蓉図》も、展示は10/13(月・祝)までの約1週間。左右それぞれに描かれた紅白の芙蓉は、蕾からしおれるまでを繊細に描画しています。

国宝《宮女図》は10/19(日)までの2週間。右手の親指と左手の小指を見つめる男装の宮女は、とても愛らしい横顔。東山御物には珍しい美人画の作品です。南宋末元初の文人画家、銭選筆と伝わります。


順に、国宝《紅白芙蓉図》 国宝《宮女図》

「伝牧谿筆」など、伝承筆者の作品も目に留まる本展。素人目には価値が低く思えてしまいますが、日本における牧谿観の形成という「鑑賞史」的に考えると実は重要な要素です。このあたりは、図録の樋口一貴学芸員の解説が分かりやすいので、ぜひお読みいただければと思います。

毎週金曜日は19時まで観覧できるナイトミュージアムも実施中(入館は18:30まで)。さらに金曜日は17:00以降に入館すると一般1,000円、大学・高校生は500円とオトクです。会期中は半券提示で2回目以降は団体料金になるリピーター割引もご利用ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月3日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

  
会場三井記念美術館
開催期間2014年10月4日(土)~11月24日(月・振休)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 東山御物の美 ─ 足利将軍家の至宝 ─  詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社