インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後100年 小林清親展 文明開化の光と影を見つめて

没後100年 小林清親展 文明開化の光と影を見つめて

■繊細な風景を描いた、佐幕派の大男
【会期終了】 江戸から東京へ、明治維新で都市や暮らしが大きく変わる中、光と影を巧みに操る「光線画」で一世を風靡した版画家が小林清親(こばやしきよちか:1847-1915)です。没後100年の記念展、いよいよ東京に巡回です。
江戸の庶民に愛された浮世絵も、明治維新の後は大きく変容していきます。描かれる対象が変わった事はもちろん、画面には赤い色が目立つようになりました。西洋から安価な絵具が入ってきた事もあって、派手な赤が積極的に用いられたのです。

その安易な流れに乗らなかったのが、小林清親です。毒々しい色彩に頼らず、光と影の関係に徹底的にこだわった作品を「光線画」として制作。同時代の他の絵師とは全く異なる感性で、新しい都市の風景を描きました。


第一章「光線画」

清親の代表作が《猫と提灯》。1877(明治10)年に開催された第一回内国勧業博覧会に出品された作品です。

網目模様を駆使して陰影を表現し、とても多色刷りの木版画とは思えないような出来ばえ。なんと35版摺りという手間がかかる工程を経て完成します。

内国勧業博覧会では出品物がいくつかのジャンルに分けられて展示されましたが、実は《猫と提灯》は「美術」ではなく「製造物」として出品されました。監修者である清親はもちろん、彫師、摺師の高い技術が結集した作品です。


《猫と提灯》

大いに人気を博した「光線画」ですが、清親は1981(明治14)年頃からは風刺画や戯画に軸足を移していきます。

戯画入りの時局風刺雑誌などで活躍。清親はもともと幕府側の武士として鳥羽・伏見の戦いや上野戦争では官軍と戦っていたため、薩長が主導する明治政府を冷静に評価する目を持ち合わせていたのかもしれません。

日清戦争の戦争画も数多く手がけた清親。沈みゆく敵艦、水中には辮髪の船員と、ドラマチックな表現も必見です。


第二章「風刺画・風俗画」

清親イコール「光線画を描いた最後の浮世絵師」というイメージが強いですが、本展には肉筆画やスケッチも多数出展。清親が誰に絵を習ったのか実ははっきりしていませんが、極めて高い技術を持ち合わせていました。

会場には水彩の風景画のほか、日本で初めてのライオンの絵(竹内栖鳳より早いです)も。おぼろ月は、光線画時代からの得意の技法が生きています。

本展で約20年ぶりに公開される写生帖にも、実に達者なスケッチが残されています。


第三章「肉筆画・スケッチ」

水面に映る灯りや、雲の重なりなど、繊細な表現を得意とした清親。実は本人は180cmを超える大柄で、絵描きになる前は剣術興行団に加わった事もあったというエピソードは、ちょっと意外に思えました。

静岡市美術館からの巡回展。練馬区立美術館が最後の会場となります。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年4月14日 ]

小林清親 文明開化の光と影小林清親 文明開化の光と影

小林 清親 (著)

青幻舎
¥ 2,592


■練馬区立美術館 小林清親展 に関するツイート


 
会場練馬区立美術館
開催期間2015年4月5日(日)~2015年5月17日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
展覧会詳細へ 没後100年 小林清親展 文明開化の光と影を見つめて 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社