インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕90年 加山又造展~生命の煌めき

生誕90年 加山又造展~生命の煌めき

■久しぶりの大回顧展
【会期終了】 戦後の日本画壇に新風を吹きこんだ加山又造(1927-2004)。日本画の古典的な意匠を踏まえつつ、西欧のさまざまな絵画も貪欲に取り込み、華麗な作品は広く人気を集めました。今年は生誕90年のメモリアルイヤー、久しぶりの大回顧展が、日本橋高島屋から始まりました。
豊かな感性から生み出される作品で、生前は日本画壇を牽引した加山又造。2004年に死去した後、没後5年にあたる2009年に国立新美術館で大回顧展が開催されましたが、本展はそれ以来となる大型展です。

1章は「動物 ─ 西欧との対峙」。東京美術学校(現東京芸術大学)で学んでいた加山は、上野動物園での写生で研鑽。デビューした50~60年代には動物をモチーフにした実験的な作品を描いています。

2章は「伝統の発見」。60年代半ば頃から伝統的な様式美・装飾美を意識した作品が増えた加山。国際化が進む中で、逆に日本固有の美意識への関心が高まりつつあった時代の波を掴み、徐々に飛躍していきます。


1章「動物 ─ 西欧との対峙」、2章「伝統の発見」

3章は「生命賛歌」。さまざまな動物画を描いた加山。なかでも猫はお気に入りだったようで、何点も猫の絵を残しています。変わったところでは「野鳥の会」の会報の表紙絵。多様な鳥の姿を、デザイン性豊かに描きました。

目を引く大作が、裸婦を描いた四曲一双の屏風《はなびら》。大胆なポーズで、強いエロティシズムを感じさせます。加山は1970年代から裸婦を手掛けていますが、この作品は1986年の作品です。


3章「生命賛歌」

4章は「伝統への回帰」。1970年代後半からは、水墨画の大作にも挑戦。1978年には中国・黄山への訪問を果たし、北宋画に倣った作品を手掛けます。琳派風の表現にもさらに磨きがかかり、鋭い感性から数多くの名作が生まれました。


4章「伝統への回帰」

日本画家としての活動が有名な加山ですが、陶器や着物の絵付けなども行っています。会場では、加山のトレードマークともいえる千羽鶴をあしらった大鉢や留袖、牡丹を配した大鉢や振袖などを紹介。振袖をよく見ると、牡丹は着物に直接描かれている事も分かります。


5章「工芸」

加山が東京美術学校を卒業したのは1949年。戦後の混乱の中、日本画が存在する意義さえ危ぶまれる時代でしたが、加山ならではの独特のセンスと、時代を読み取る嗅覚を合致させて、人々の心を掴む作品を世に送り出していきました。

存命中は間違いなく頂点の一角を占めていた加山又造。まとまった作品展が久しぶりとは、逆に意外にも思えます。残念ながら百貨店なので会期は短めですが、夜は連日19:30までOKです(最終日は18時まで、ともに来場は30分前まで)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年2月21日 ]

加山又造 美 いのり加山又造 美 いのり

加山 又造

二玄社
¥ 3,240


■生誕90年 加山又造展 に関するツイート


 
会場日本橋高島屋
開催期間2017年2月22日(水)~3月6日(月)
所在地 東京都中央区日本橋2-4-1
TEL : 03-3211-4111
HP : http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/kayama.html
展覧会詳細へ 生誕90年 加山又造展~生命の煌めき 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社