ニュース
    鳥取県立美術館、初年度の企画展概要を発表 ─ 2025年春開館
    (掲載日時:2023年9月13日)

    鳥取県立美術館 プレス懇談会学芸編 会場より [館長予定者]尾﨑信一郎氏(鳥取県教育委員会事務局 美術振興監)
    鳥取県立美術館 プレス懇談会学芸編 会場より [館長予定者]尾﨑信一郎氏(鳥取県教育委員会事務局 美術振興監)

    2025年春の開館に向けて、鳥取県倉吉市で整備が進んでいる鳥取県立美術館は、都内でプレス懇談会を開催した。

    館長予定者は、尾﨑信一郎氏(鳥取県教育委員会事務局 美術振興監)。

    尾﨑氏は鳥取市生まれの61歳。兵庫県立近代美術館、国立国際美術館、京都国立近代美術館でキャリアを重ねた後、2006年から鳥取県立博物館の美術部門に着任。国内外に幅広い人脈を持ち、鳥取県の美術振興の中心的な人物といえる。

    新しい美術館では、これまでの鳥取県立博物館のコレクション活動を継承しつつ、新しい方針によるアート作品の収集や企画展の開催も積極的に推進する。

    新しい方針で収集される作品は、アンディ・ウォーホルの《ブリロの箱(1)〜(5)》など。青木野枝や李禹煥らによるコミッションワーク(委託制作作品)も計画している。

    初年度の企画展は、5本(美術館での開催は4本)を予定。

    開館企画展(2025年3月下旬〜6/15)『アート・オブ・ザ・リアル 時代を超える美術』は、江戸期から現代までの名作約200点を6セクションで展示。

    夏季(7/19〜8/31)は『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展』。

    秋季(10/18〜11/30)は『日本美術×動植物』(仮称)。

    冬季(2/7〜3/22)の『CONNEXIONS』(仮称)では、8名程度の現代アーティストを招聘し、滞在制作を含めた新作を制作・発表する。

    また、毎年一回、鳥取県立博物館(鳥取市)で『鳥取県の美術コレクション展』(仮称、期間は未定)が開催される。

    今後は11月5日(日)に、開館500日前カウントダウンイベントを実施。今年度末に開館1年前カウントダウンイベントが開催される予定。


    鳥取県立美術館 提供:槇総合計画事務所 イメージ制作:ヴィック Vicc Ltd.
    鳥取県立美術館 提供:槇総合計画事務所 イメージ制作:ヴィック Vicc Ltd.

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    令和6年度公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団 調査研究員(正規職員)募集 [公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団]
    群馬県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと82日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと70日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと70日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    日本科学未来館 | 東京都
    刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
    開催中[あと91日]
    2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと13日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)