ニュース
    光風会100年 ── 東京ステーションギャラリーで「洋画家たちの青春 ─ 白馬会から光風会へ」
    (掲載日時:2014年3月20日)
    美術団体の光風会の公募展が今年で100回を迎える事を記念した展覧会「洋画家たちの青春 ─ 白馬会から光風会へ」の開幕を前に、2014年3月20日(木)、東京駅の東京ステーションギャラリーにて報道内覧会が開催された。

    光風会は、黒田清輝らによって結成された白馬会が解散した後、三宅克己、中澤弘光、山本森之助、小林鍾吉、岡野栄、跡見泰という白馬会の若手・中堅の画家たちに、 デザイナーの杉浦非水を加えた7名が、黒田の賛同を得てを結成。

    若い画家の登竜門として、中堅・ベテランにとっては新しい試みの場として機能し、多くの才能を輩出してきた。

    展覧会では光風会創立会員たちから、黒田清輝、藤島武二、岡田三郎助など白馬会の画家、辻永、鬼頭鍋三郎、田村一男など、大正から昭和にかけての光風会を支えた画家、さらに有島生馬、猪熊弦一郎、小磯良平など、二科会や新制作派協会、日洋会など、光風会から分かれて新たな団体で活躍した画家たちも含め、 67作家80余点の作品を紹介する。

    「光風会100回展記念 洋画家たちの青春 ─ 白馬会から光風会へ」は、2014年3月21日(金)~5月6日(火)、東京ステーションギャラリーにて開催。入館料は一般900円、高校・大学生700円、小・中学生400円。

    [img]http://www.museum.or.jp/storage/old/photos0/3696.jpg[/img]


     発信:インターネットミュージアム

    東京ステーションギャラリー 施設詳細ページへ
    「洋画家たちの青春 ─ 白馬会から光風会へ」 情報ページ
    東京ステーションギャラリー 公式ページ

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと20日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    2
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと20日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    3
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催まであと25日
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと48日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと62日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    宇城市不知火美術館 リニューアルプロジェクト兼指定管理業務 学芸員募集 [宇城市不知火美術館]
    熊本県
    野田市郷土博物館で働く契約社員募集 [野田市郷土博物館・市民会館]
    千葉県
    東京都中央区 学芸員(歴史・民俗分野、近代建築)会計年度任用職員 募集中! [中央区立 郷土天文館]
    東京都
    佐賀県立宇宙科学館≪ゆめぎんが≫ 科学コミュニケーター募集 [佐賀県武雄市(佐賀県立宇宙科学館)]
    佐賀県
    京都国立近代美術館 情報研究補佐員公募 [京都国立近代美術館]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード