IM
    レポート
    特別展「大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~」
    国立科学博物館 | 東京都
    陸上で他の動物を捕まえて食べるハンター(捕食者)を、豊富な標本展示で
    ティラノサウルスも食べる巨大ワニ「デイノスクス」生体復元模型が初公開
    人間は最強のハンターと思ったら大間違い。致死率100%、謎の寄生虫も

    国立科学博物館で久しぶりの特別展が始まりました。陸上で他の動物を捕まえて食べるハンター(捕食者)に焦点をあて、その生態や技術などを紹介しながら、地球環境のこれからを考えていきます。



    会場入口


    展覧会は4章構成で、第1章は「太古のハンター」です。陸上での暮らしは約4億年前から。最初に陸に上がった節足動物の仲間は、地上で捕食活動をはじめました。

    「太古のハンター」というと、すぐにティラノサウルスなどの大型肉食恐竜が思い浮かびますが、今回はワニ類に着目。会場の中央には、本展のために制作された中生代白亜紀の巨大ワニ「デイノスクス」の生体復元模型が鎮座しています。全長12メートルで、ティラノサウルス科の恐竜も捕食していたとされる強力なハンターです。



    「デイノスクス」生体復元模型


    約6600万年前に恐竜が絶滅すると、哺乳類の時代になります。現在の哺乳類のハンターは、ほぼ食肉目。過去には肉歯目のヒアエノドンなど別のグループもいましたが、生存競争に負けて地球上から姿を消してしまいました。



    奥のヒアエノドンは肉歯目、手間のディニクティスは食肉目


    第2章は「大地に生きるハンター」。前章の進化を踏まえ、現在みられるハンターを生息域別に紹介していきます。

    「水辺のハンター」には、ワニがずらり。ワニは約2億3000万年前に出現して以来、現生までほとんど形を変えずに水辺の生態系に君臨し続けているハンターです。



    「水辺のハンター」


    「森・密林のハンター」には、お馴染みの哺乳類が。哺乳類は恐竜の時代には昆虫食でしたが、進化の過程で狩りをする食肉目へと進んでいきました。

    森の中は、立体的な世界です。林床を歩きまわり、ジャンプし、木に登り、さらには飛翔してと、ハンターたちは三次元の世界を動きまわります。



    「森・密林のハンター」


    「暗闇のハンター」といえばフクロウ、これだけの種類のフクロウが一挙に並ぶ機会は滅多にありません。フクロウは大きな目が特徴的ですが、暗闇で獲物を探すために、優れた目を持つようになりました。

    フクロウは鳥類ですが、同じ暗闇で活躍するコウモリは哺乳類です。こちらは目ではなく、口から超音波を出して情報を得ています。



    「暗闇のハンター」 上段がフクロウ、下段手前がコウモリ


    「草原のハンター」に並ぶのは、ネコの仲間たち。ライオンやヒョウなど、典型的な肉食動物のイメージはこれでしょう。

    ハイエナもイヌに似ていますが、ネコの仲間です。ハイエナというと屍肉食と思われがちですが、実はハイエナ自身も立派なハンター。なんと噛む力はライオンより強く、骨を砕いて骨髄まで食べてしまいます。



    「草原のハンター」 上段一番手前がハイエナ


    砂漠や山岳地帯の岩場などの荒野は、寒暖差が大きく過酷な場所。ハンターたちは感覚を駆使して獲物を探します。

    イヌ科のフェネックやオオミミギツネは、大きな耳が特徴。砂中に潜む昆虫や爬虫類が出すわずかな音を聞き取って、ハンティングを成功させます。



    「荒野のハンター」 左がオオミミギツネ、右がフェネック


    第3章は「ハンティングの技術」。前の章では体力勝負のハンティングを紹介しましたが、ここではやや変化球のハンターたちに光をあてました。

    「偏食なハンター」には、アリクイなど。ヘビの中には卵しか食べないヘビ、爬虫類しか食べないヘビなど、偏食家が数多く見られます。血を吸って生きる、カ(蚊)も偏食家といえます。



    「偏食なハンター」 左下はミミセンザンコウ、右上はオオアリクイ


    「毒使いのハンター」では、珍しいテクニックを持つ「エメラルドゴキブリバチ」をご紹介。ゴキブリに毒を打ち込み、半死半生のまま巣穴まで運ばせ、ゴキブリの身体を使って繁殖するという恐ろしい技を持っています。



    エメラルドゴキブリバチ


    カマキリは、肉食の昆虫を代表する存在でしょう。カマのような前脚で獲物を捉えるのが特徴といえますが、前脚がカマ状になった昆虫は、ミズカマキリ、カマキリモドキ、カマバエ、カマバチなど、カマキリ以外にも多数います。

    それぞれが独立したまま前脚がカマ状に進化しており、このような現象を「収斂(しゅうれん)進化」といいます。



    「前脚がカマのような形の生き物」


    展覧会のまとめにあたる第4章は「フォーエバー・大地のハンター」。ここまでに登場したハンターたちは、基本的には食べるための活動です。他とは異なるヒトは、残念なハンターといえます。

    動物をペットとして飼育するのは悪いことではありませんが、最後まで面倒をみるのは飼い主の責務でしょう。捨てられたアライグマは凶暴なハンターとなり、各地の生態系を破壊していきました。



    ニホンカワウソも毛皮などを求めた乱獲の末に絶滅しました


    ただ、人間は生態系の頂点に君臨する最強のハンター、と思ったら大間違いです。生態が謎に包まれている「芽殖孤虫」は、感染した人がほぼ死んでしまうという恐ろしい寄生虫。まだまだ未知の脅威は数多く存在します。

    会場の最後に展示されているのが、ニホンオオカミの骨格標本と、ニホンジカの剥製。ニホンジカを獲物としていたニホンオオカミが絶滅してしまった事で、ニホンジカが急速に増加し、生態系や農業などに深刻な影響を与えているのは周知の事実です。



    ニホンオオカミの骨格標本と、ニホンジカの剥製


    いかにも科博らしい展覧会で、大人も子どもも楽しめる企画です。人気の動物版青春漫画「BEASTARS」ともコラボしており、会場各所でキャラクターが展示の見どころを解説してくれています。

    なお、入場はオンラインによる事前予約(日時指定)が必要ですので、ご注意ください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年3月8日 ]

    会場
    国立科学博物館
    会期
    2021年3月9日(火)〜6月13日(日)
    開催中[あと28日]
    開館時間
    9時~17時 ※入場は閉館時刻の30分前まで
    休館日
    月曜日  ※ただし、3月29日(月)、4月26日(月)、5月3日(月・祝)・24日(月)・31日(月)、6月7日(月)は開館
    住所
    〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://daichi.exhn.jp/
    料金
    一般・大学生 2,000円、小・中・高校生 600円(いずれも税込み)
    ※未就学児は無料。障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。
    ※本展を観覧された方は同日に限り常設展(地球館・日本館)もご覧いただけます。ただし、入場日時によって常設展が閉館している場合がございます。
    ※チケットの払い戻し、再発行はいたしません。
    展覧会詳細 特別展「大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~」 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて 
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
    2
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
    開催中[あと42日]
    2021年4月16日(金)〜6月27日(日)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    本日終了
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    公益財団法人 水野美術館 | 長野県
    MINIATURE LIFE展 2021 ―田中達也 見立ての世界―
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年4月10日(土)〜5月30日(日)
    5
    サンシャイン水族館 | 東京都
    ざんねんないきもの展2
    もうすぐ終了[あと14日]
    2020年10月30日(金)〜2021年5月30日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    香川県職員(歴史学芸員)の募集 [香川県立ミュージアムなど]
    香川県
    兵庫県立考古博物館等で行う埋蔵文化財技師の募集 [兵庫県立考古博物館]
    兵庫県
    東京ビエンナーレ2020/2021 会場運営アルバイトスタッフ募集! [東京ビエンナーレ]
    東京都
    愛媛県今治市教育委員会(考古学芸員)の募集 [今治市大西藤山歴史資料館(国史跡妙見山古墳のガイダンス施設)]
    愛媛県
    世田谷区教育委員会事務局 []
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード