読者
    レポート
    ポーラ美術館コレクション展 〜甘美なるフランス〜
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都


    Bunkamuraザ・ミュージアム『ポーラ美術館コレクション展 ~甘美なるフランス~』エントランス


    箱根の森に調和するように建つポーラ美術館は、遊歩道の散歩や屋外彫刻の鑑賞も楽しい美術館です。西洋絵画コレクションでもとても有名です。

    一方、Bunkamuraザ・ミュージアムは喧騒の都会にあって、訪れる人をオアシスのように迎える美術館。テーマ性や先見性、話題性のある展覧会が人気です。

    展覧会の背景にある「女性像」「パリ」「旅」という3つのテーマにも惹かれ、見学に行ってきました。


    時代を映す女性像



    ピエール・オーギュスト・ルノワール「髪かざり」(1888年),ウェブスター社「銀製化粧セット」(1900-1905)


    第1章は「都市と自然」。本展覧会では、ポーラ美術館が収蔵する宝石のような化粧道具が、絵画に添えられるように展示されています。ふと、描かれている女性の部屋を訪ねているような気持ちになり、心は19世紀のパリへ。


    「レースの帽子の少女」とアールヌーヴォー時代の香水瓶 



    ピエール・オーギュスト・ルノワール「レースの帽子の少女」(1891年),「エナメル金彩バラ文香水瓶(19世紀後半)


    誰もが優しい気持ちに包まれるルノアールの「レースの帽子の少女」。その傍らには金彩と薔薇模様が施された香水瓶が置かれていました。清楚な少女の夢見るような表情や、軽やかで装飾的な帽子とマッチして、とても素敵な空間です。


    近代化が進むパリの詩情



    右 クロード・モネ「サン=ラザール駅の線路」(1877)


    普仏戦争を避けてロンドンに亡命したモネは、蒸気機関車を主題にしたターナーの作品と出会い、帰国後、パリのサン=ラザール駅を主題とした作品群を制作しました。近代化が進む激動の時代を象徴するモチーフであり、都市の詩情を見出したものとして高く評価されました。


    日常の輝きと各地への旅



    フィンセント・ファン・ゴッホ「ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋」(1888), ポール・ゴーガン「白いテーブルクロス」(1886)


    第2章は「日常の輝き」。後にポスト印象派と呼ばれる画家たちは、それぞれが理想とする表現を求めて新しい芸術を切り拓き、また、理想の風景を追い求めて各地へ移動。旅先や移住先で多くの作品を生み出しました。

    アルルで一時共同生活を送ったゴッホとゴーガン。二人の作品が並んで展示されていました。ゴッホの作品はヴィゲラ運河にかかる橋をあざやかな色彩で描いたもの。ゴーガンの作品は、滞在していたブルターニュの下宿屋の夫人へ贈るために描かれたもので、セザンヌの影響がみられます。



    中 ピエール・ボナール「地中海の庭」(1917-1918)


    ひと際大きく牧歌的な作品はボナールの「地中海の庭」。大きなカンヴァスの手前にテラスが描かれていることで、テラスに立っているかのような臨場感が得られます。ミモザの花が一面に咲く“日常”の輝きに浸ることができます。


    メランコリーの趣をたたえた美しい女性



    ピエール・ラプラード「バラをもつ婦人」


    挿絵画家としても活躍したラプラード。読書中の婦人など女性の古典的なイメージをとらえ、雅やかなモチーフを好んで描きました。


    新しさを求めて。20世紀の画家たち



    アンリ・マティス「襟巻の女」(1936)


    第3章は「新しさを求めて」。20世紀初頭。芸術家たちは競うように新しい芸術を模索していきます。フォーヴィムスの旗手マティスは、南仏の陽光の中、独自の色彩感覚を開花させました。

    他にも、 デュフィ、ブラック、ピカソなどの作品が並び、第4章「芸術の都」へと続きます。まさに甘美で全てが見どころの展覧会でした。


    [ 取材・撮影・文:晴香葉子 / 2021年9月17日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?
    会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム
    会期
    2021年9月18日(土)〜11月23日(火)
    開催中[あと33日]
    開館時間
    10:00-18:00(入館は17:30まで)
    毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
    ※金・土の夜間開館につきましては予定のため、変更になる可能性もございます。
    休館日
    展覧会により異なる
    住所
    〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    電話     
    公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_pola.html
    展覧会詳細 ポーラ美術館コレクション展 〜甘美なるフランス〜 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと87日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと83日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと52日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと157日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと122日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    わらべ館(公財 鳥取童謡・おもちゃ館)専門員(正職)募集 [わらべ館(県立童謡館・鳥取世界おもちゃ館)]
    鳥取県
    令和4年度今治市教育委員会(考古学芸員)採用面接試験のご案内 [大西藤山歴史資料館(国史跡 妙見山古墳のガイダンス施設)]
    愛媛県
    一般任期付職員(文化財保護または銚子ジオパーク担当の学芸員)を募集します [銚子市社会教育課文化財ジオパーク室]
    千葉県
    日本銀行金融研究所 貨幣博物館職員(事務職員)の募集 [日本銀行金融研究所貨幣博物館]
    東京都
    川崎市岡本太郎美術館 職員(学芸員)募集 [川崎市岡本太郎美術館]
    神奈川県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード