読者
    レポート
    いちはらアート×ミックス2020+(レポート その1)
    房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+ | 千葉県

    千葉県市原市を舞台にした芸術祭「いちはらアート×ミックス2020+」が2021年11月19日(金)に開幕。スタート直後に足を運びました。

    当初は2020年春の開幕予定でしたが、コロナ禍で1年延期に。今春の開幕も見送りになりましたが、さらに約半年を経て、待望の開幕です。


    奥能登や北アルプスの芸術祭と同様、のぼりが芸術祭の目印です。
    奥能登や北アルプスの芸術祭と同様、のぼりが芸術祭の目印です。


    会場は大きく分けて9つのエリアで展開されています。それぞれのエリアで、印象に残った作品を紹介していきましょう。

    1.五井エリア

    芸術祭のインフォメーションセンターがある五井エリア。鑑賞はここからスタートする方が多いと思います。

    最初に紹介するのは、黒い箱状のボードに備え付けのペンで文字や絵を描くと、内側のライトの光で輝く作品。暗くなってから見ると、美しさが際立ちます。


    チョアン・チーウェイ(荘志維)《鉄道上の集団記憶》
    チョアン・チーウェイ(荘志維)《鉄道上の集団記憶》


    2.牛久エリア

    牛久は昭和の面影を残す、古い宿場町の商店街。ここにもインフォメーションセンターがあります。

    ガラス造形作家の柳建太郎は、千葉の印旛沼にある作家自身の工房「アトリエ炎」を商店街に移設しました。繊細な作品ですが、どれも可動式になっているのが驚きです。


    柳建太郎《KINETIC PLAY》
    柳建太郎《KINETIC PLAY》


    商店街の安藤洋品店(Andou Plaza)の2階では、洋品店を営む夫婦を取材したインスタレーション作品が展開中。

    鑑賞した後に1階を覗くと、創作のもとになった両者がいて、安藤夫人が笑顔で話をしてくれました。


    中﨑透《Clothing Fills in the Sky》
    中﨑透《Clothing Fills in the Sky》


    3.高滝エリア

    市原湖畔美術館がある高滝。美術館は土曜と祝前日は19時まで開館しており(日曜と祝日は18時まで)、昼とは違った雰囲気を楽しむ事ができます。


    KOSUGE1-16《Heigh-Ho》
    KOSUGE1-16《Heigh-Ho》


    美術館で行われている展覧会は「戸谷成雄 森 ― 湖:再生と記憶」。戸谷成雄はチェーンソーで木を彫り刻む作品で知られる、日本を代表する彫刻家です。

    存在感のある作品が、美術館の巨大なヴォイド(アトリウム空間)に映えます。


    「戸谷成雄 森 ― 湖:再生と記憶」
    「戸谷成雄 森 ― 湖:再生と記憶」


    4.平三エリア

    3回目となる「いちはらアート✕ミックス」で、平三エリアは今回から追加されました。廃校になった旧小学校に作品が並びます。

    こちらはSNSにも良く投稿されている人気の作品。作家が市原市を視察した時に見た、やさしい町のあかりからの着想です。


    栗真由美《ビルズクラウド》
    栗真由美《ビルズクラウド》


    子どもの頃には「夢を見ろ」と言われますが、まるで賞味期限があるかのように、大人になると夢を意識しなくなります。

    こちらは、大人も夢を捕まえにいく体験ができる作品。現地にいた作家のキム・テボン(金泰範)さんに、ポーズをお願いしました。


    キム・テボン(金泰範)《ドリームキャッチャー》
    キム・テボン(金泰範)《ドリームキャッチャー》


    配膳室のダムウェーターを使い、タロットカードの「The Tower」をイメージした作品がこちら。

    1階~3階まで作品が続き、最後の3階ではちょっとドキッとします。


    冨安由真《The TOWER (Descension To The Emerald City) / 塔(エメラルド・シティに落ちる)》
    冨安由真《The TOWER (Descension To The Emerald City) / 塔(エメラルド・シティに落ちる)》


    5.里見エリア

    里見エリアも旧小学校が舞台です。

    こちらは、房総のおかしとお茶を食べながら、作家から房総のはなしを聞くことができるという楽しいイベント(実施される日には限りがあります)。

    イベントの内容もさる事ながら、洗練された空間デザインが印象的。どこかで、常設営業して欲しいと思いました。


    EAT&ART TARO《おかしのはなし》
    EAT&ART TARO《おかしのはなし》


    体育館にあるのは、コロナ禍で活動の変化を余儀なくされた、世界194組のアーティストたちが投稿した動画を一堂に集めた展示。

    今年の4月に市原湖畔美術館で展示された「Artists' Breath」を再構成したものです。


    高橋啓祐《Artists' Breath Playback》
    高橋啓祐《Artists' Breath Playback》


    牛久の紹介で書いたように、地域を巻き込んだ芸術祭では地元の方の話を聞くと、より楽しく鑑賞できます。ちょっと勇気がいりますが、見るだけの鑑賞とは100倍くらい差があるので、強くおすすめします。

    レポートは2回に分けてご紹介します。紹介できなかった作品も含めて、ここまでの動画もまとめました。



    [ 取材・撮影・文:M.F. / 2021年11月20日~21日 ]


     → いちはらアート×ミックス2020+(レポート その1)

     → いちはらアート×ミックス2020+(レポート その2)


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?
    会場
    房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+
    会期
    2021年11月19日(金)〜12月26日(日)
    会期終了
    休館日
    会期中無休
    住所
    千葉県市原市
    電話 0436-50-1160
    公式サイト https://ichihara-artmix.jp/
    料金
    一般 3,000円 / 大高生 1,500円 / 小中学生 500円(市原市内及び招待小中学生無料)
    展覧会詳細 いちはらアート×ミックス2020+(レポート その1) 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【利尻町立博物館】学芸員募集! [利尻町立博物館]
    北海道
    川崎市市民ミュージアム職員(総務)募集 [川崎市市民ミュージアム]
    神奈川県
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと26日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと130日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと19日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと93日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)