IM
    レポート
    発掘された日本列島2022
    埼玉県立歴史と民俗の博物館 | 埼玉県
    全国で進められている発掘調査から注目すべき成果を紹介する恒例の展覧会
    噴火でムラがパックされた古墳時代の集落から火砕流で被災した子どもと馬
    今年は埼玉が会場。「地域展 埼玉の史跡」では県内4カ所の国指定史跡を紹介

    埋蔵文化財を通じて、日本の歴史・文化の魅力発信と、その保護の重要性に関する理解を深めてもらう、恒例の企画展。アイエムでは2012年から毎年紹介しています(2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年2021年)。

    例年開催されている江戸東京博物館が休館中のため、今年は埼玉県立歴史と民俗の博物館で始まりました。



    会場の埼玉県立歴史と民俗の博物館


    会場冒頭の「我がまちが誇る遺跡」コーナーでは、地域の特性や魅力に目を向けた遺跡として3カ所を紹介しています。

    それまで用途が不明だった「双脚輪状文形埴輪」は、和歌山市の岩橋千塚古墳群から出土した人物埴輪によって、冠帽である事が判明しました。被った姿は、なんとなくシャンプーハットを連想させます。



    我がまちが誇る遺跡「岩橋千塚古墳群と紀氏の遺跡 ― 石室と埴輪が織り成す紀伊の古墳文化(和歌山県)」 下の2点が「双脚輪状文形埴輪」


    メインといえる「新発見考古速報」コーナーには、14の遺跡から発掘された成果が時代順に並びます。

    千葉県船橋市の史跡 取掛西貝塚は、縄文時代の貝塚が集まる東京湾東岸でも最古の遺跡です。火を炊いた跡から、4頭のイノシシの頭蓋骨が並ぺられた状態で見つかりました。当時の儀礼を考えるうえで貴重な発見です。



    史跡 取掛西貝塚(千葉県船橋市)


    福岡県筑前町の東小田峯遺跡は、弥生時代の集落と墳墓の複合遺跡です。「マツリの土器」と思われる大量の丹塗・黒塗土器が発見されました。

    さらに、この遺跡からは青銅器鋳型なども見つかっています。内陸部にありながら、沿岸部に匹敵する先進技術を持った青銅器生産地だったということになります。



    東小田峯遺跡(福岡県筑前町)


    群馬県渋川市の金井下新田遺跡は、6世紀初頭の榛名山噴火でムラがそのままパックされた状態で見つかった、古墳時代の集落遺跡。隣接する金井東遺跡から発見された「甲を着た古墳人」は「発掘された日本列島 2018」展で紹介されました。

    この遺跡からも、火砕流で被災した子どもと馬の骨を発見。子どもは首飾りを身に着けていました。



    金井下新田遺跡(群馬県渋川市) 右下の赤い台の上にあるのが、子どもは身に着けていた首飾り


    青森県八戸市の鹿島沢古墳は、蝦夷のリーダー層が埋葬されたと思われる古墳群です。

    北東北から北海道にかけて、飛鳥時代から平安時代初めに作られたこれらの小規模な古墳を「末期古墳」といいます。



    鹿島沢古墳(青森県八戸市)


    会場ごとに行われる地域展、いつもなら東京展ですが、今回はもちろん埼玉展。埼玉県内には、特別史跡を含めて20カ所以上の国指定史跡があります。

    これらの中で、各地域、各時代の遺跡の特徴をよく示している4カ所が紹介されています。



    「地域展 埼玉の史跡」


    いつもと違う会場という事もあって雰囲気こそ異なりますが、内容は例年どおりの充実ぶりです。埼玉から始まり北海道、宮城、宮崎、奈良と巡回します。会場と会期はこちらです

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年6月10日 ]

    我がまちが誇る遺跡「井戸尻遺跡群―おらあとう(おれたち)の考古学と遺跡の保護~(長野県富士見町)」
    稚児野遺跡(京都府福知山市)
    新宮下本町遺跡(和歌山県新宮市)
    「おうちで学び・楽しむ 埋蔵文化財」
    会場
    埼玉県立歴史と民俗の博物館
    会期
    2022年6月11日(土)〜7月18日(月)
    会期終了
    開館時間
    【6月】9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)
    【7月】9:00~17:00(観覧受付は16:30まで)
    休館日
    月曜日 ※ただし、7月18日は開館。
    住所
    〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
    電話 048-645-8171
    公式サイト https://saitama-rekimin.spec.ed.jp/page_20220517074618
    料金
    一般:600円 高校生・学生: 300円
    【団体料金(20名以上)】一般:400円 高校生・学生: 200円
    ※常設展観覧料を含む
    ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料
    ※「ぐるっとパス2022」で観覧できます。
    展覧会詳細 発掘された日本列島2022 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    埼玉県
    2022年6月11日(土)〜7月18日(月) 埼玉県立歴史と民俗の博物館
    北海道
    2022年7月30日(土)〜9月4日(日) だて歴史文化ミュージアム
    宮城県
    2022年9月17日(土)〜10月23日(日) 石巻市博物館
    宮崎県
    2022年11月5日(土)〜12月11日(日) 宮崎県総合博物館
    奈良県
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日) なら歴史芸術文化村
    開催中[あと15日]
    展覧会の詳細はこちら
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
    山形県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと120日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと15日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと71日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと22日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)