IM
    レポート
    発掘された日本列島2020
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    近年発掘され、特に注目された出土品を紹介する毎年恒例の展覧会
    「新発見考古速報展」はニサンザイ古墳、愛宕山遺跡など7遺跡
    「日本の自然が育んだ多様な地域文化」「記念物100年」の特集も

    毎年、全国で行われている発掘調査は、なんと9,000件超。ただ、地元の方以外は、なかなかその成果を目にする事はありません。

    近年発掘され、特に注目された出土品を全国巡回で見せるのが、この展覧会。このコーナーでの紹介も恒例になり、2012年から毎年紹介、これで9回目になります(2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年)。



    会場入口


    今回は新型コロナの影響で開幕が遅れ、6月13日からスタート。冒頭の「新発見考古速報展」は、今年はちょっと少な目で7遺跡です。

    大阪府堺市のニサンザイ古墳からは、コウヤマキで作られた蓋(きぬがさ)形木製品、もしくは蓋形の木製立物の一部が出土。埴輪とともに古墳に並べられた木製品(木製立物)で、貴人に差し掛ける木製布張りの傘を模したものです。



    ニサンザイ古墳


    群馬県高崎市の史跡 上野国多胡郡正倉跡は、郡役所(郡衙)があったとされていた場所。発掘調査の結果、正倉とみられる大型礎石建物群を発見しました。当時としては希少な、総瓦葺であったとみられます。



    史跡 上野国多胡郡正倉跡


    京都市の愛宕山遺跡からは、数多くの桃山陶器を発見。愛宕山は古来から人々の信仰を集め、多くの人が参拝。身分の高い人々をもてなすために、宿坊に備えられていた器と考えられています。



    愛宕山遺跡


    特集1は「日本の自然が育んだ多様な地域文化」。旧石器時代から古墳時代を対象に、多様な地域文化を発掘調査の成果から見ていきます。

    中央には、多くの人を惹きつける縄文土器。火焔型土器と王冠型土器、縄文の造形美を代表する二大土器が並びます。



    吉野屋遺跡の火焔型土器(手前)


    旧石器時代は今より気温が低く、東京が今の札幌程度。地域それぞれの環境の中で、性能が高い道具が作られていきました。



    男女倉遺跡群


    目を引く展示が、縄文人のアクセサリー。千葉県市原市の西広貝塚からは、動物の骨や角、歯、そして貝類の装身具が大量に見つかっています。つくられた装身具は交換されて、各地に送られていきました。



    西広貝塚


    古墳時代の遺跡からは、各地でさまざまな副葬品が見つかっています。大阪市の長原古墳群は中小規模の古墳群ですが、精巧な埴輪が数多く見つかっています。



    長原古墳群


    特集2は「記念物100年―我がまちが誇る史跡・名勝・天然記念物―」。史蹟名勝天然記念物保存法の施行から昨年で100年。記念物を「国民の宝」「地域の宝」として捉え、本展でも昨年から来年まで3年間にわたって、特集展示として紹介されます。



    特集2「記念物100年―我がまちが誇る史跡・名勝・天然記念物―」


    展覧会に連動した地域展、東京会場は「東京府史蹟」です。東京府史蹟は、東京における史跡、名勝地、天然記念物67件を写真入りで解説した書籍で、1919年に東京府が刊行。普及活動として講演会と展覧会も開催されました。



    「東京府史蹟」


    展覧会は江戸博でスタートして、今年は新潟、福島、愛知、大分と巡回します。会場と会期は、こちらの巡回展コーナーでご確認ください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年6月25日 ]

    石船戸遺跡
    八日市地方遺跡
    伝法古墳群
    史跡 聖寿寺館跡
    旧石器時代 九州
    縄文時代 関東
    弥生時代 九州
    弥生時代 近畿
    古墳時代 東日本
    会場
    東京都江戸東京博物館
    会期
    2020年6月13日(土)〜8月3日(月)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30
    ※入館は閉館の30分前まで。
    休館日
    6月15日(月)・22日(月)・29日(月)、 7月6日(月)・13日(月)・20日(月)
    住所
    〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
    電話 03-3626-9974(代表)
    公式サイト https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/project/28532/企画展「発掘された日本列島2020」/
    料金
    企画展は常設展観覧料でご覧になれます
    一般 600円/大学・専門学校生 480円/高校生・中学生(都外)・65歳以上 300円/中学生(都内)・小学生以下無料
    展覧会詳細 発掘された日本列島2020 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    東京都
    2020年6月13日(土)〜8月3日(月) 東京都江戸東京博物館
    新潟県
    2020年8月22日(土)〜9月27日(日) 新潟県立歴史博物館
    開催まであと16日
    展覧会の詳細はこちら
    福島県
    2020年10月10日(土)〜11月15日(日) 福島県立博物館
    開催まであと65日
    展覧会の詳細はこちら
    愛知県
    2020年11月28日(土)〜12月27日(日) 一宮市博物館
    開催まであと114日
    展覧会の詳細はこちら
    大分県
    2021年1月16日(土)〜2月21日(日) 中津市歴史博物館
    開催まであと163日
    展覧会の詳細はこちら
    このレポートに関連する特集
    多くの展覧会が日時指定の前売りチケット制を導入するなか、都内の主要館で、今のところ予約制を導入していない美術館・博物館をまとめました。
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県
    公益財団法人静岡市文化振興財団正規職員【静岡市美術館 学芸員(西洋美術又はデザイン、工芸学芸員)】募集 [静岡市美術館]
    静岡県
    川口市職員採用試験(学芸員・考古学専攻) [川口市役所]
    埼玉県
    さいたま市職員採用選考「学芸員(考古)」 [さいたま市教育委員会等]
    埼玉県