読者
    レポート
    北条氏展 vol.3-1 北条義時とその時代
    鎌倉国宝館 | 神奈川県

    大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にあわせて開催している「北条氏展」第三弾は、義時にスポットをあてています。4代にわたる鎌倉殿に仕え、初代頼朝、2代頼家の時代に活躍の土台を築きました。




    しかし義時に関する資料はあまり残っていません。現存する工芸品や、仏像、絵画から、鎌倉の美意識を探ります。頼朝と頼家の時代、武士たちはどのような美を愛で、どのような神仏に祈りを込めたのでしょうか?


    鎌倉幕府初代将軍源頼朝

    初代鎌倉殿の信頼も厚く「家子専一」と評された義時。鎌倉幕府の基盤を作りましたが、大きな動きはありませんでした。頼朝時代の工芸品や絵画などを通して、義時が見ていた時代の空気に触れてみましょう。



    鎌倉幕府初代将軍源頼朝 展示風景


    今回、一番の注目は、甲斐善光寺の頼朝像。修復を終え玉眼が入り国宝館におでましです。鎌倉時代に造立されたことが確実で、真の姿に近いとされています。



    源頼朝坐像 鎌倉時代 善光寺


    第二代将軍源頼家

    頼朝のあと18歳で将軍職を継ぐこととなった頼家。13人の合議制に支えられ職務を遂行しますが4年で殺害されてしまいます。この暗殺の指示をしたのが義時とも言われ、人物像に暗い影が落ちていきます。頼家の時代の、工芸品や絵画を紹介。



    第二代将軍源頼家 展示風景


    頼家像(7/23~)や頼家袖半下文、栄西禅師像。



    展示風景


    右側は、源頼朝が東大寺の手向山八幡宮から贈られたと伝わる菩薩面。慶派仏師の手によるとみられます。左の軸は高僧の肖像画。



    展示風景


    鎌倉殿と仏

    北条義時の在世に立った4名の鎌倉殿は、各々が仏像や仏画を制作させ祈りを込めました。名品のうち鎌倉前期に造立された仏像を中心に展示。鎌倉の造仏の主流は、運慶ら慶派仏師であったことが伺えます。実慶や快慶の仏像も集結しました。

    養命寺の阿弥陀如来及び両脇侍像の様式は、構造技法から運慶周辺仏師の作であることがわかります。



    薬師如来及び両脇侍像 鎌倉時代(中尊のみ建久8年(1197)) 養命寺


    実慶作の仏像が2躯、伊豆よりお出ましです。慶派の中でも伊豆国に在地し活動した有力な仏師と考えられ、運慶の造仏に参加しました。

    修善寺の本尊、大日如来坐像。本尊の像底を一段高く彫り残す技法は運慶と共通しています。保存修理の際、像内から女性の毛髪が発見され源頼家の室、辻殿のものと解されています。



    大日如来坐像 鎌倉時代 承元4年(1210) 実慶 修禅寺 7/5~8/21


    写真右は、かんなみ仏の里美術館の阿弥陀三尊像。張りのある明快な造形は運慶の作風に類似し 『運慶願経』 奥書に実慶の名を連ねています。



    (右)阿弥陀如来及び両脇侍像 鎌倉時代 実慶 かんなみ仏の里美術館 (左)阿弥陀如来及び両脇侍像 鎌倉時代 光触寺 7/2~8/4


    左の光触寺所蔵、阿弥陀如来及び両脇侍像は、鎌倉時代前期作で運慶風です。

    運慶由来と考えられる仏像が2躯、左は快慶作です。



    (左)菩薩坐像 鎌倉時代 建仁元年(1201) 快慶 伊豆山浜生協会 (中央)文殊菩薩立像 1軀 鎌倉時代 阿弥陀寺 (右)薬師如来坐像 1軀 鎌倉時代 東光禅寺


    身内でも戦いを余儀なくされた鎌倉時代。頼朝が仏に祈り仏像を造らせたことが、運慶一派が東国で活躍する一因とも思われ、リアルな作風の仏像を生みました。この小さな展示空間に、義時の時代に活躍した仏師たちの息遣いが満ちているようです。

    [ 取材・撮影・文:コロコロ / 2022年7月8日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    鎌倉国宝館
    会期
    2022年7月2日(土)〜8月21日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~16:30(入館は16:00まで) 
    休館日
    月曜日、7月19日(火曜日) ※7月18日(月曜日・祝日)は開館
    住所
    〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-1 鶴岡八幡宮境内
    電話 0467-22-0753
    公式サイト https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/
    料金
    一般:700円(600円) 小・中学生:300円(200円) ※( )内は20名以上団体料金
    展覧会詳細 北条氏展 vol.3-1 北条義時とその時代 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)