読者
    レポート
    越後妻有 大地の芸術祭 2022(レポート その1 十日町・川西)
    新潟県 | 新潟県

    2000年から始まり、今年で8回目となる越後妻有 大地の芸術祭。「地方の里山を巡りながら現代アートを楽しむ」というプロジェクトが、ここまで大きくなると思っていた人は、アート関係者を含めてほとんどいなかったのではないでしょうか。

    大地の芸術祭は、いつもは3年毎の夏に開催されていましたが、コロナ禍もあって1年延期に。会期も4月から11月までのロングラン開催となりました。

    会場は6つのエリア(十日町、津南、川西、松代、松之山、中里)で、とても広大。「全ての作品を見る」と思わず、ポイントを絞った鑑賞をおすすめします。ここではエリアごとに3ページでご紹介していきましょう。



    十日町駅は拠点のひとつ


    【十日町エリア】

    6つのエリアで最も広く、かつ作品も多いエリア。絶対に外せないのが、越後妻有交流館キナーレ内にある、越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)です。

    水面に建物が映っているように見えますが、これはレアンドロ・エルリッヒが池の床面に描いた虚像。きれいに見えるポイントは2階で、ちゃんと会場に記されています。中谷芙二子の霧の作品は、夏季限定です。



    レアンドロ・エルリッヒ《Palimpsest:空の池》/中谷芙二子《霧神楽》


    MonETの外壁に描かれた《physis》も新作です。淺井裕介が、水をテーマに制作しました。

    淺井の作品は、十日町駅からMonETに向かう途中の広場と路面でも見ることができます。



    淺井裕介《physis》


    日没後にぜひ訪れてほしいのが、越後妻有文化ホール「段十ろう」。長い庇から美しい光が降り注ぎます。

    越後妻有の四季を象徴する色と、地元の織物から着想した作品で、ゆっくりと色が変わる様子はとてもロマンチック。プログラムは月ごとに変化します。



    髙橋匡太《光り織》


    十日町市が誇る国宝・火焔型土器からイメージした作品が、景山健の《ここにおいて「縄文の時とともに」》。縄で作った巨大な作品を、かつて神社の本殿が建っていた場所に設置。作品の中央には、苗木が植えられました。

    数千年前の縄文時代から、人々が暮らしていたこの地。苗木が数千年かけて成長すると、その大木に作品がはまる様子をイメージしています。悠久の時を見越した、スケールの大きな作品です。



    景山健《ここにおいて「縄文の時とともに」》 ちょうど最終設営中だった景山さんにお話しを伺えました。


    椛田ちひろ《ゆく水の家》は、古い流れと新しい流れが同居してきた、この地の歴史から着想した作品です。

    障子紙に表現された「流れ」は、ボールペンで描いたもの。背面から光があたり、幻想的な空間がつくられています。床面も印象的ですが、近寄ってみると素材は安価な波板。巧みなアイデアに感心させられました。



    椛田ちひろ《ゆく水の家》


    茅葺き屋根の古民家「うぶすなの家」の2階で展示されているのは、折り紙の作品。果てしなく分割されていく「無限折り」を使った白い折り紙の作品のほか、色を使った折り紙も展示されています。

    作者は、新潟生まれの布施知子。パーツを組み合わせてつくる「ユニット折り」の第一人者です。



    布施知子《うぶすなの白》


    地方で開催される芸術祭では、食事が楽しみという方も多いでしょう。作品が展示されている施設で食べることができる、おすすめメニューもご紹介します。

    まずは、さきほどご紹介した「うぶすなの家」で味わえる季節の料理。地元のお母さんが自ら育てた野菜も使っています。



    「うぶすなごはん ~お母さんの季節の小鉢とメインの一皿~ 肉:妻有ポークの塩麴煮豚&車麩唐揚」2,000円


    越後妻有里山現代美術館 MonETの1Fコミュニティスペースでは、オリジナルバーガーが販売中です。夏会期は地元のブランド豚・妻有ポークとかぐら南蛮を使ったボリュームたっぷりのバーガー。照り焼きソースとタルタルソースのダブルソースです。

    気軽に利用できるオープンなスペースは、良品計画がデザイン監修しました。



    「妻有ポークとかぐら南蛮タルタルのダンプリングバーガー(フライドポテト付)」1,350円


    MonETにも近い「十日町産業文化発信館いこて」は、手塚貴晴+手塚由比が設計した木造建築(この建築も芸術祭の作品です)。館内のレストラン「いこて」では、地元十日町の季節の食材を使った料理がいただけます。

    レストランは靴を脱いで上がるスタイル。大きなテーブルがあるあたたかい雰囲気で、小さな子どもを連れたファミリーも気兼ねなく使えます。



    「いこての越後妻有たっぷり御膳」1,800円


    【川西エリア】

    信濃川を挟んで十日町の西側に位置する川西エリア。見晴らしが良い台地にあるナカゴグリーンパーク周辺に、多くの作品があります。

    広い芝生の上を中心に展示されているのは、若手作家約25名による動物彫刻です。子どもたちにも大人気、それぞれの作品に作家の個性が滲み出ています。



    「里山アートどうぶつ園 ─ どうぶつたちのソーシャルディスタンス」から 小野養豚ん《...pigeep...pigeep...》


    プラスチックで作られた透明の円盤が吊り下げられた作品は、雨の日に小さな水たまりを眺めていたことからの着想です。空中の水が長い時を経て地上に降り注ぐまでを表現しています。

    回転しながら周囲の風景を映し出し、とても美しい作品です。1Fの駐車場と2Fの室内で展示されています。



    小松宏誠《あめのうた》


    人間の目の特性に着目し、光を利用したさまざまな作品で知られるジェームズ・タレル。現代アートの巨匠であるタレルの作品に宿泊できる、世界でたったひとつの施設が「光の館」です。

    「光の館」は、見学だけなら夕方まで可能ですが、光の演出は日没・日の出の時間にあわせて行われるので、これを体験するには宿泊(要予約)が必要です。



    ジェームズ・タレル《光の館》


    タレル自身の意向もあり、宿泊は1グループだけでなく、少人数で利用する場合は、他のグループと同泊。今回も、3人連れのグループと一緒になりました。16時~16時半に現地でチェックイン。宿泊者が揃ったところで館についての説明を受け、後は翌朝のチェックアウトまで、宿泊者だけで過ごします。

    部屋は、屋根が開閉する部屋のほかに、キッチンの隣にある6畳間と、浴室やトイレと同じフロアにある8畳間。ジャンケンに勝ったので、8畳間を使わせていただきました。



    ジェームズ・タレル《光の館》 屋根が開閉するアウトサイドイン(12.5畳)


    食事は自炊も可能ですが、今回はケータリングの夕食をいただき、18時半頃から「光のプログラム」がスタート。畳の上で大の字になって楽しめるのは「光の館」ならではの醍醐味です。逆に、床が畳なので、雨天時は実施できません。

    日の出の時間も「光のプログラム」が行われますので、早起きができればぜひ2回目もお楽しみください。



    ジェームズ・タレル《光の館》 屋根が開閉するアウトサイドイン(12.5畳)


    浴室も見どころのひとつ。通常の照明が無く、浴槽と入口部分にわずかな光ファイバーがあるのみです。日没後に入ると互いの顔も判別できないほどですが、水中にある身体が発光するように感じられます。

    なんといっても「ジェームズ・タレルの作品に泊まった」という経験が、最高のお土産といえます。



    ジェームズ・タレル《光の館》 浴室(Light Bath)


    ここでご紹介できなかった作品を含め、十日町と川西で見てきた作品を動画でまとめました。やや長いですが、雰囲気がわかると思います。



    [ 取材・撮影・文:M.F. / 2022年7月30日~8月7日 ]


     → 越後妻有 大地の芸術祭 2022(レポート その1 十日町・川西)

     → 越後妻有 大地の芸術祭 2022(レポート その2 松代・松之山)

     → 越後妻有 大地の芸術祭 2022(レポート その3 中里・津南)


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町) 
    会期
    2022年4月29日(金)〜11月13日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(10・11月は10:00~16:00)
    ※各作品によって公開日・公開時間が異なる場合あり
    休館日
    全期間を通じて、火・水曜日は休みとします(一部作品施設は通常営業) ※ 5月3日(火)・4日(水)は祝日のため開催
    住所
    越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町) 
    公式サイト https://www.echigo-tsumari.jp/
    料金
    ・通常料金 一般4,500円/大学・高校・専門3,500円/中学生以下無料
    展覧会詳細 越後妻有 大地の芸術祭 2022(レポート その1 十日町・川西) 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    愛知・名古屋 戦争に関する資料館 学芸員募集中! [愛知・名古屋 戦争に関する資料館]
    愛知県
    【アルバイト募集|展覧会会場運営】 [グランフロント大阪、大阪府立中之島図書館、THE BOLY OSAKA、船場エクセルビル など 大阪市内の指定された会場]
    大阪府
    【オープニングスタッフ】岐阜市子育て支援施設 運営スタッフ 募集 [岐阜市徹明通2-18(岐阜市柳ケ瀬子育て支援施設(開館予定日:2023年春)),開館前は岐阜駅付近に設置する事務所を想定]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと79日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと16日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと65日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと51日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)