IM
    レポート
    飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく
    彫刻の森美術館 | 神奈川県
    鑑賞者の気づきや能動的な反応を促すインスタレーションで知られる美術家
    超巨大な「ピンクの猫の小林さん」なのに「全てを見る」ことはできません
    ハンドルを回すとロープが引っ張られますが、変化しているのはどこかな?

    神戸市出身の美術家、飯川雄大(1981-)。鑑賞者の気づきや能動的な反応を促すようなインスタレーション作品で知られる、近年活躍が目覚ましいアーティストの1人です。

    人のコミュニケーションの不完全さや、気づきそのものにも焦点を当てて、鑑賞者の行動と思考を促すユニークな展覧会が、彫刻の森美術館で開催中です。


    彫刻の森美術館 エントランス
    彫刻の森美術館 エントランス


    今回の展覧会は、屋外(緑陰広場)と室内(アートホール)で展開。まずは屋外の作品から見ていきましょう。

    「見て行きましょう」と書きましたが、実は「全てを見る」ことができないのが、この作品です。



    目立つピンク色なので、遠くにあるのはすぐ分かります。


    巨大な作品は、ピンク色の猫。幅19メートル、高さ15メートルという巨大さですが、顔の前に樹木があるため、全てを見ることができません。顔が見える場所まで近寄ると、今度は猫のかたちが分からなくなるというのがポイントです。

    何でもスマホで撮影して気軽に情報を発信できる時代ですが、巨大な猫を他者に伝えることは、とても困難です。


    飯川雄大《デコレータークラブ –ピンクの猫の小林さん–》2022年
    《デコレータークラブ –ピンクの猫の小林さん–》2022年 ※写真提供:彫刻の森美術館


    続いて、室内(アートホール)の作品。館の前でも小さな「ピンクの猫の小林さん」が出迎えてくれます。


    彫刻の森美術館 アートホール
    彫刻の森美術館 アートホール


    室内に入ると、ロープが張り巡らされた空間です。ロープは白いボックスから出ていて、そのボックスにはハンドルが。鑑賞者がハンドルを回すとロープが引っ張られて、どこかに変化がおこります。

    分かりやすいのは、壁面に吊るされたリュックサック。あるハンドルを回すと、リュックが上に上がっていきます。


    飯川雄大《デコレータークラブ ─ 0人もしくは1人以上の観客に向けて》2022年 ロープ、滑車、ハンドル
    《デコレータークラブ ─ 0人もしくは1人以上の観客に向けて》2022年 ロープ、滑車、ハンドル


    壁面にはロープで文字が書かれています。こちらも、あるハンドルを回すとロープが動き、文字の色が変わって行きます。注意深い人なら、気が付くかもしれません。


    飯川雄大《デコレータークラブ ─ 0人もしくは1人以上の観客に向けて》2022年 ロープ、滑車、ハンドル
    《デコレータークラブ ─ 0人もしくは1人以上の観客に向けて》2022年 ロープ、滑車、ハンドル


    よく見ると、ロープは屋外にも繋がっているようです。建物の外に出て、ロープを追っていくと…




    樹木の上を経由して、ロープは本館ギャラリーへ。反対側にまわると、壁面に何やら怪しいリュックサックがあります。

    実は、このリュックサックも、ハンドルをまわすと上がっていきます。ただ、ハンドルを回すのと、リュックが上がるのを同時に見ることは不可能。リュックだけでなく、ロープをたどると、館内で他の変化にも気づくことができるかもしれません。


    飯川雄大《デコレータークラブ ─ 0人もしくは1人以上の観客に向けて》2022年
    (奥の壁面)《デコレータークラブ ─ 0人もしくは1人以上の観客に向けて》2022年


    作品名の「デコレータークラブ」は、世界中の海に生息し、擬態する性質を持った蟹の名前。蟹の生態を紹介するテレビ番組で、ダイバーがこれを見つけた時の驚きが、テレビを見ていた飯川には全く伝わってこなかった事からの着想です。

    たくさんの言葉や映像を使っても、どうしても伝えることができない部分があります。確かに、自分の思いを人に伝えるのはとても難しいもの。SNSの普及で意思表示がしやすくなった今だからこそ、改めてその難しさに気が付きます。

    奥深いコンセプトですが、作品そのものは明るく親しみやすいので、子ども連れにもおすすめです。《デコレータークラブ –ピンクの猫の小林さん–》は、天候によっては出ていない時もありますので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年9月4日 ]

    《デコレータークラブ 衝動とその周辺にあるもの》2019年 ビデオ、モニター 18分
    《デコレータークラブ ─ ベリーヘビーバッグ》2010年 バッグ
    《時の演習用時計》シリーズから4点の出品 2008年 ビデオ、モニター 24時間
    会場には「猫の小林さん」の限定ガチャガチャもあります。
    会場
    彫刻の森美術館 緑陰広場・アートホール
    会期
    2022年7月30日(土)〜2023年4月2日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00〜17:00
    *入館は閉館の30分前まで
    休館日
    年中無休
    住所
    〒250-0493 神奈川県箱根町二ノ平1121
    電話 0460-82-1161
    公式サイト https://www.hakone-oam.or.jp/
    料金
    大人 1,600円
    大学生・高校生 1,200円
    中学生・小学生 800円
    展覧会詳細 飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    すみだ北斎美術館 経理・総務スタッフ 募集! [墨田区亀沢2-7-2(すみだ北斎美術館)]
    東京都
    国立歴史民俗博物館一般職員 募集中! [国立歴史民俗博物館]
    千葉県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと135日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと24日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと17日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと17日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)