IM
    レポート
    ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランスや国内美術館から代表作が集結。開館記念展以来の大規模な展覧会
    2度の世界大戦を経験。その悲劇や不条理がもたらした衝撃と苦悩を作品に
    何度も繰り返し描いたサーカスと裁判官。人間の本質の追求と装飾的な画面

    19世紀末から20世紀前半のフランスで独自の世界を築いた画家、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。宗教的主題や、晩年の輝くような色彩で描かれた油彩、デフォルメされた親しみやすい人物像などで、多くの人を魅了し続けています。

    ルオーの作品約260点をコレクションし、世界で唯一その名を冠した「ルオー・ギャラリー」があるパナソニック汐留美術館で、大規模な回顧展が開催中です。


    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」展示風景
    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」展示風景


    展覧会は第1章「国立美術学校時代の作品 ― 古典絵画の研究とサロンへの挑戦」から始まります。ルオーは1890年、パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)に入学。ギュスターヴ・モローに師事し、1898年にモローが亡くなるまで自由で革新的な教育を受けました。

    入口近くの《自画像》は、ルオーが手がけた最初の自画像です。光の使い方や明暗の表現には、ルオーが敬愛したレンブラントからの影響が見てとれます。


    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」会場より 《自画像》1895年 ジョルジュ・ルオー財団 / 《ウォルスキ王トゥルスの館のコリオラヌス》のための習作 1894年 パナソニック汐留美術館
    《自画像》1895年 ジョルジュ・ルオー財団 / 《ウォルスキ王トゥルスの館のコリオラヌス》のための習作 1894年 パナソニック汐留美術館


    第2章は「裸婦と水浴図 ― 独自のスタイルを追い求めて」。モローの死後、ルオーは同時代の社会に題材を求めるようになり、画風も大きく変わります。

    1907年に行われたセザンヌの回顧展を見たルオーは感銘を受け、その影響から水浴図に取り組みました。《水浴の女たち(構成〈表〉)》もそのひとつで、4人の裸婦によるリズミカルな構成が印象的です。


    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」会場より (右)《水浴の女たち(構成)〈表〉》1910年頃 出光美術館
    (右)《水浴の女たち(構成)〈表〉》1910年頃 出光美術館


    第3章は「サーカスと裁判官 ― 装飾的コンポジションの探求」。ルオーが生涯繰り返し追求した主題が、子供の頃に見たサーカスの人々と、1906年頃に足繁く通った裁判所で見た裁判官です。

    1900年代初期には、これらをモチーフに人間の残酷な部分を強調した作品を描きました。1948年の《二人組(二兄弟)》になると、描かれた道化師は優しく穏やかな顔つきに変化していきました。


    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」会場より (左から)《グレゴワール》1953-56年 ポーラ美術館 / 《二人組(二兄弟)》1948年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館
    (左から)《グレゴワール》1953-56年 ポーラ美術館 / 《二人組(二兄弟)》1948年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館


    第4章は「二つの戦争 ― 人間の苦悩と希望」。ルオーは2度の世界大戦を経験しています。その悲劇や不条理は、ルオーに大きな衝撃と苦悩を与えたことが、作品からも見て取れます。

    首を吊られた男と炎上する町の風景を描いた《ホモ・ホミニ・ルプス(人は人にとりて狼なり)》は、第二次大戦期の作品です。正面性を強調した構図などにより、人物には崇高さも感じさせます。


    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」会場より (左から)《ホモ・ホミニ・ルプス(人は人にとりて狼なり)》1944-48年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 / 《深き淵より》1949年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館
    (左から)《ホモ・ホミニ・ルプス(人は人にとりて狼なり)》1944-48年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 / 《深き淵より》1949年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館


    第5章は「旅路の果て ― 装飾的コンポジションへの到達」。第二次大戦後もルオーは旺盛に制作に取り組み、最後の10年間は、色彩はさらに輝きを増していきました。

    《かわいい魔術使いの女》も、明るい色調の作品です。人物上方の半円アーチと各モティーフの輪郭線が呼応し、装飾的な画面を生み出しています。


    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」会場より (左から)《受難(エッケ・ホモ)》1947-49年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 / 《かわいい魔術使いの女》1949年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館
    (左から)《受難(エッケ・ホモ)》1947-49年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館 / 《かわいい魔術使いの女》1949年 ポンピドゥー・センター、パリ/国立近代美術館


    展覧会は、パナソニック汐留美術館の開館20周年を記念して開催されるもの。美術館内のルオー・ギャラリーでは常設でルオーの作品を見る事ができますが、ルオーその人に焦点を当てた本格的な回顧展は、意外にも開館記念展以来となります。充実の大規模展をお見逃しなく。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年4月7日 ]

    (中央奥)《小さな家族》1933年頃 出光美術館
    (左から)《女性裸体習作》1890-91年 個人蔵(ルオー財団協力) / 《ゲッセマニ》1893年 パナソニック汐留美術館
    《ティーセット》1911年 パナソニック汐留美術館
    (左から)《キリスト》1937-38年 パナソニック汐留美術館 / 《洗礼者聖ヨハネ》1936年頃 パナソニック汐留美術館
    パナソニック汐留美術館「ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ―」展示風景
    リニューアルされたミュージアムショップ
    会場
    パナソニック汐留美術館
    会期
    2023年4月8日(土)〜6月25日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時~午後6時(ご入館は午後5時30分まで)
    ※5月12日(金)、6月2日(金)、6月23日(金)、6月24日(土)は夜間開館 午後8時まで開館(ご入館は午後7時30分まで)
    休館日
    水曜日(ただし5月3日、6月21日は開館)
    住所
    〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1  パナソニック東京汐留ビル4階
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://panasonic.co.jp/ew/museum/
    料金
    一般:1,200円、65歳以上:1,100円、大学生・高校生:700円、中学生以下:無料 
    ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
    ※5月18日(木)国際博物館の日は、すべての方が500円でご入館いただけます。
    展覧会詳細 ジョルジュ・ルオー ― かたち、色、ハーモニー ― 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    奥州市牛の博物館 学芸調査員(会計年度任用職員) [奥州市牛の博物館]
    岩手県
    独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館 企画課特定研究員(企画情報発信室)公募  [東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    科学技術館(大阪市西区)運営事務・来館者対応スタッフ募集! [科学技術館(大阪市西区)]
    大阪府
    名勝依水園・寧楽美術館 学芸員募集 [名勝依水園・寧楽美術館]
    奈良県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと42日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと132日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    3
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと14日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    国立国際美術館 | 大阪府
    特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
    開催中[あと71日]
    2024年2月6日(火)〜5月6日(月)