IM
    レポート
    NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~
    日本科学未来館 | 東京都
    月面移住はどんな感じ?宇宙についての知見と未来への想像力を集結しよう
    月面レポーター、月面ワーカー、月面科学者になりきってミッションに挑戦
    月の砂「レゴリス」に覆われた月面の観察や月から望む美しい地球の姿を鑑賞

    月面に基地を建設し、宇宙飛行士や旅行者が月面で暮らすことが可能になるとされている2040年。月が秘める無限の可能性や宇宙開発への夢をかきたてられる、月での生活を疑似体験できる展覧会が、日本科学未来館で開催中です。


    日本科学未来館「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」会場入口
    日本科学未来館「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」会場入口


    会場は、月でのくらしがわかる「月面基地ゾーン」(基地内)、「月面ゾーン」(基地外)の2つのゾーンで構成。月でくらす開拓者として、月面の様子を地球に伝える「月面レポーター」、月面で働く「月面ワーカー」、月面を研究する「月面科学者」と、3つの役割を担います。


    それぞれの役割に応じた「ミッションバッジ」と「ミッションシート」を配布されたら、いざ体験へ。



    「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」 展示風景
    「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」 展示風景


    「生活エリア」では月面コンビニに入り、月での普段のくらしで必要な食べものを見ることができます。 衣料品や宇宙食、歯磨きグッズや化粧品など日用品からおしゃれまで、実際に企業で開発・構想されている宇宙で使えるアイテムが並んでいます。


    月面コンビニ
    月面コンビニ


    月面コンビニ
    月面コンビニ


    隣には「月面食堂」も。2040年、実際に100名程度のクルーが滞在する際の月面基地内の食堂をイメージしたものです。レタスやトマト、米やじゃがいもなど月で栽培される予定の8種類の食材の食品サンプルや1週間の献立も展示。フォトスポットでは、あなたも調理担当になりきって食事をふるまうことができます。


    月面コンビニ
    月面コンビニ


    管制室では、月面ローバーを遠隔操作して「月面の隕石」を回収する”隕石回収ミッション”が行われています。地球や宇宙の歴史の謎を解明するための貴重な手がかりを探しながら、月でのくらしの安全を守る任務を遂行します。


    隕石回収ミッション
    隕石回収ミッション


    月面ゾーンでは「HAKUTO-R(ハクト アール)」のランダー、ローバーの実寸大模型を展示。ランダーやローバーの役割や構造などについて学ぶことができ、宇宙への興味をより深掘りすることができます。


    月面ゾーン 「HAKUTO-R(ハクト アール)」
    月面ゾーン 「HAKUTO-R(ハクト アール)」


    月面での重力は、地球の重力の約6分の1。月面での重力を感じられる“月面重力体験ミッション”では、高くジャンプして与えられたミッションをこなしていきます(年齢、身長、体重の制限があります)。

    ほかにも、月での活動に必要不可欠な水資源を回収する「水資源探査ミッション」や、月着陸実証機 SLIM(スリム)に乗って月面探査機を撮影しに行く「月面探査機撮影ミッション」などの体験も可能です。


    月面探査機撮影ミッション
    月面探査機撮影ミッション


    様々なミッションをクリアし、月への興味や情報を高めたら、未来の月面開拓者に近づくことができるかもしれません。地球に帰る際には、月のお土産もお忘れなく。


    「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」展示風景
    「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」展示風景


    ミュージアムショップ
    ミュージアムショップ


    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 2023年7月1日 ]

    月面ラボ
    月面食堂
    水資源探査ミッション
    月面ラボ
    月面重力体験ミッション
    隕石回収ミッション
    会場
    日本科学未来館
    会期
    2023年4月28日(金)〜9月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    平日10:00~15:00 (ただし, 4/28~5/2, 7/19~9/1は17:00まで)
    土日祝 10:00~17:00
    ※入場は閉場時間の30分前まで
    休館日
    火曜日(ただし、5月2日、7月25日~8月29日の火曜日は開館)
    住所
    〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
    電話 03-3570-9151
    公式サイト https://tsukidekurasu.com/
    料金
    大人[19歳以上] 2,400円(2,100円)
    18歳以下[小学生以上] 1,700円(1,400円)
    未就学児[4歳以上] 1,100円(900円)
    ※( )内は前売り、8名以上の団体料金。価格はすべて税込み。
    ※3歳以下は無料。障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料。
    ※常設展もご覧いただけます。ドームシアターは別料金(要予約)。
    ※会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合があります。
    ※団体(8名以上)のご予約は「団体予約について」をご確認ください。
    ※チケットは3月下旬に販売開始予定です。
    展覧会詳細 NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~ 詳細情報
    このレポートに関連する特集
    東京近郊では、体験型の施設やアートを身近に楽しめる展覧会が盛りだくさん。「海 ―生命のみなもと―」や「エルマーのぼうけん展」、「魔法の美術館」など、夏休み期間に子どもも大人も楽しめる展覧会10選をご紹介。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと53日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと18日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと46日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと46日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)