IM
    レポート
    子どものための建築と空間展
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    子どもの時、こういう場所で学び、遊べたら
    子どもの頃、帰りのチャイムが鳴るまで友達と遊んだ、校庭や近所の公園。その時目にした風景は、大人になっても心に残っていると思います。子どもの生活の中心である、学校や公園などの建築空間を紹介する展覧会が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
    5章「今、そしてこれからの子どもたちへ 1987-」展示風景
    1章「子どもの場の夜明け 明治時代」展示風景
    《フードリヒ・フレーベル考案教育玩具》など 大正~昭和時代初期
    (手前左から)《『風俗画報臨時増刊 上』表紙 発行:東陽堂》1903(明治36)年 / 《『風俗画報臨時増刊 上』表紙 発行:東陽堂より「快回機」》
    (左から)《自由学園明日館 模型 1:100》自由学園明日館寄託(電通・谷川コレクション) / 遠藤新《自由学園明日館 食堂用椅子》1922(大正11)年 自由学園明日館蔵
    (左から)北澤楽天《太郎さんの夢(『子供之友』1巻6号)原画》1914(大正3)年 / 村山知義《表紙(『子供之友』11巻3号)原画》1924(大正13)年9月 いずれも、婦人之友社蔵
    3章「新しい時代の到来、子どもたちの夢の世界を築く 1950-1970」展示風景
    (左から)瀬川康男《『いない いない ばあ』(p18-19 のんちゃん)原画》1967(昭和42)年 / 赤羽末吉《『スーホの白い馬』(p.18-19)原画》1367(昭和42)年 いずれも、ちひろ美術館蔵
    4章「おしゃべり、いたずら、探検―多様化と個性化の時代 1971-1985」展示風景
    タイトルに「子どものための」とありますが、展覧会そのものは大人向け。子どもにとってふさわしい建築空間を考える展覧会です。

    日本の近代教育が幕を開けた明治時代。政府は国民の知的水準の向上のため、小学校の設立・普及に努めました。1872(明治5)年、日本で初めて近代的学校制度を定めた基本法令「学制」が発布。さらに7年後の1879(明治12)年、改正教育令により、すべての子どもが小学校に通うことが定められました。

    建築の展覧会は「専門知識を知らないから」と、敬遠してしまう方がいるかもしれません。しかし本展では、教材や学校家具、子ども向け雑誌などを総合的に展示。当時の子どもたちが受けていた教育がわかる構成となっています。じっくり読み込むため、女性はヒールではなく、かかとの低い靴での観覧をオススメします。

    会場は5章構成。1章で近代教育の幕開けとなった明治時代を、続く2章では「子ども中心」の自由度の高い教育思想を掲げた大正時代を紹介。インターミッションとして、戦前・戦中の学校教育が展示されています。



    3章から5章では、戦後から現代までの学校建築の変遷を紹介。戦火により壊滅的な被害を受けた日本の各都市の学校の復興から、アメリカから導入されたオープンスクールの思想、そして生活の場としての学校建築が展示されています。

    筆者は、5章「今、そしてこれからの子どもたちへ 1987-」で取り上げられている時代に、小学校へ通っていました。さらに、自分が遊んでいた公園も紹介されていて、驚きました。もしかしたら、あなたの思い出の校舎、あるいは遊び場に関する展示があるかもしれません。

    今回、紹介されていた遊び場に行ってみたい! と思ったのですが…実際の建築物は「子ども向け」。残念なことに大人になったら遊べない空間も多くあります。小さな子どもがいるお父さん・お母さん、ぜひ展覧会で見た遊び場へ連れて行ってあげてください。

    本展終了後、青森県立美術館へ巡回します。

    [ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年1月11日 ]

    子どものための建築と空間展子どものための建築と空間展

    長澤 悟(監修),パナソニック 汐留ミュージアム(編集),青森県立美術館(編集)

    鹿島出版会
    ¥ 2,376

     
    会場
    会期
    2019年1月12日(土)~3月24日(日)
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    休館日
    水曜日
    住所
    東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://panasonic.co.jp/es/museum/
    料金
    一般 800円 / 65歳以上 700円 / 大学生 600円 / 中・高校生 400円 / 小学生以下 無料

    ※20名以上の団体は100円割引
    ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます
    展覧会詳細 子どものための建築と空間展 詳細情報
    展覧会ランキング
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと5日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと25日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと68日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート - 人知れず表現し続ける者たち -
    開催中[あと26日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと26日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    発掘された日本列島2020
    IM レポート
    IM レポート
    読者 レポート
    あべのハルカス美術館 | 大阪府
    ムーミン展 THE ART AND THE STORY
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県