IM
    レポート
    Perfume COSTUME MUSEUM
    兵庫県立美術館 | 兵庫県
    世界を舞台に第一線で活躍するPerfumeの衣装が170着。初の大規模な衣装展
    メジャーデビュー以降の衣装を時系列で紹介。第4章は来場者も撮影が可能
    あ~ちゃん、かしゆか、のっち。3人がお気に入り衣装を選んだコーナーも

    あ〜ちゃん、かしゆか、のっちからなる、3人組の音楽ユニットPerfume。個性的な楽曲・歌詞・ダンス・MCなどで人気を集め、世界を舞台に第一線で活躍を続けています。

    Perfumeの魅力を支えているのが、美しく独創的な数々の衣装です。メジャーデビュー以降Perfumeの衣装を時系列で紹介する展覧会が、兵庫県立美術館で始まります。


    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」 入口にて
    兵庫県立美術館 入口にて


    Perfumeは2000年に広島で結成。2005年にメジャーデビューし、2007年にシングル「ポリリズム」がブレイクし、日本を代表するアーティストになりました。

    展覧会は『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』(文化出版局、2020年)を起点にした企画。厳選した約170着の衣装が並びます。


    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」


    会場は時系列で、第1章「近未来型の挑戦者」(2005年~2011年)、第2章「止まらない進化」(2012年~2015年)、第3章「『未来』を超えて」(2016年以降)という構成。

    『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』発売後の衣装も含め、20年以上にわたってPerfumeが実際に着た衣装を、目の前で見ることができます。


    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」


    Perfumeのイメージを決定づけたのは、初期の衣装を数多く手がけたスタイリストの内澤研です。あ〜ちゃんに膝丈、かしゆかはミニ丈、のっちにパンツスタイルを提案し、3人の衣装の基本型がつくられました。

    Perfumeの活動が加速すると、未来的なイメージの衣装が次々に登場。クリエイティブ集団のRhizomatiks、演出・振付家のMIKIKOとのコラボレーションで、Perfumeは大きく飛躍していきました。


    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」


    会場は第4章「ステージに立つの」に限り、一般の方も撮影可能です。

    ライブの衣装はダンスの動きを妨げないことが最も重要です。また「早着替え」のために重ね着をすることがあるため、軽く、脱ぎやすく、着崩れしないよう、さまざまな工夫がなされています。


    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第4章「ステージに立つの」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第4章「ステージに立つの」


    この章には、メンバーの3人が本展覧会のために特にお気に入りの衣装をセレクトしたコーナーも設けられました。

    あ~ちゃん、かしゆか、のっちと、それぞれのお気に入りを見ると、3人の個性が垣間見えるようです。中にはふたりがセレクトした衣装もありました(3人全員がセレクトした衣装が無かったそうです)。


    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第4章「ステージに立つの」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第4章「ステージに立つの」


    公立の美術館でファッションの展覧会が行われること自体は珍しくなくなりましたが、デザイナーやブランドなど作り手側にたった企画がほとんど。それを着こなす表現者(アーティスト)を主眼にするのは珍しい試みです。ただ、その対象がPerfumeというのは、納得と思える人が多いのではないでしょうか。安藤忠雄が設計した兵庫県立美術館の空間との相性もバッチリ、今秋の大注目展覧会です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年9月7日 ]

    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第3章「『未来』を超えて」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第4章「ステージに立つの」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第4章「ステージに立つの」
    兵庫県立美術館「Perfume COSTUME MUSEUM」会場風景 第4章「ステージに立つの」
    会場のパネルには、メンバーのサインも
    会場
    兵庫県立美術館
    会期
    2023年9月9日(土)〜11月26日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
    休館日
    月曜日 ※ただし9月18日(月)と10月9日(月)は開館、 9月19日(火)と10月10日(火)は休館 を記載
    住所
    〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 (HAT神戸内)
    電話 078-262-1011
    料金
    当日券
    一般 1,800円
    大学生 1,400円
    高校生以下 無料
    70歳以上 900円
    障がいのある方(一般)450円
    障がいのある方(大学生)360円
    展覧会詳細 Perfume COSTUME MUSEUM 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    展覧会企画運営スタッフ(正社員)募集|株式会社アートインプレッション [株式会社アートインプレッション]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと105日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと36日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと64日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと93日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)