IM
    レポート
    「横尾忠則 寒山百得」展
    東京国立博物館 | 東京都
    横尾忠則が寒山拾得を独自の解釈で再構築したシリーズ102点を一挙に公開
    横尾が「自由に見てもらいたい」と語る作品は、さまざまなモチーフで展開
    関連企画として東京国立博物館が誇る寒山拾得図を一堂に集めた特集展示も

    脱俗的な振る舞いで知られる中国の伝説的な人物、寒山と拾得。唐時代の風狂僧である両者を題材にした絵画は東洋美術の定番で、現在に至るまで数多くの「寒山拾得図」が描かれてきました。

    今回、寒山拾得図に挑んだのは、現代美術家の横尾忠則(1936-)です。独自の解釈で描いた全102点を一挙に初公開する展覧会が、東京国立博物館 表慶館で開催中です。


    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場入口


    まずは寒山と拾得について。奇妙な笑いを浮かべ、奇行を繰り返したと伝わり、実在の人物であったのかどうかもわかりません。

    ただ、その常識にとらわれないという生き方は、仏教、とくに禅の世界では尊崇されるようになり、宋時代にはしばしば絵画化されるようになりました。


    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景


    展覧会が開催されるきっかけは、東京国立博物館研究員の松嶋雅人氏が横尾のアトリエを訪れたことから。

    壁に立てられていた十数点の寒山拾得を見つけて「自然と笑みを浮かべている自身の表情に気づき」(展覧会図録から)、その感覚を多くの人に体験してもらいたい、と企画が進みました。


    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景


    1970年代に曽我蕭白の作品に出会い、その画風に魅了されたという横尾。蕭白も奇抜な画面構成の中に、醜怪な容貌の仙人をしばしば描いています。

    横尾は2020年に国立新美術館で開催された「古典×現代2020 ― 時空を超える日本のアート」で寒山拾得をモチーフにした作品を発表。その時は、蕭白の作品とともに展示されました。


    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景


    各作品には署名はなく、年月日が記されているだけ。実在や架空の人物、過去の絵画、時事的な出来事など、さまざまなものがモチーフになっています。

    一年ほどで102点の作品を描きあげた横尾。1日に3点制作したこともあるという驚異的なスピードです。


    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景


    関連展示として、東京国立博物館の本館特別1室では特集「東京国立博物館の寒山拾得図 ― 伝説の風狂僧への憧れ ―」も開催中です(11/5まで)。

    東京国立博物館が誇る、中国、日本で描かれた「寒山拾得図」を一堂に集め、人々がどのようにその世界観を見てきたか考えていきます。


    東京国立博物館 特集「東京国立博物館の寒山拾得図 ― 伝説の風狂僧への憧れ ―」 会場風景
    東京国立博物館 特集「東京国立博物館の寒山拾得図 ― 伝説の風狂僧への憧れ ―」 会場風景


    作者である横尾自身は、102点の寒山拾得を「自由に見てもらいたい」と言っています。

    本来、絵画は考えるものではなく、感じるものです。自らの感覚で、好きな作品を探しながら鑑賞してください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年9月11日 ]

    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展 会場風景
    会場
    東京国立博物館 表慶館
    会期
    2023年9月12日(火)〜12月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後5時
    ※入館は午後4時30分まで
    休館日
    月曜日 ※ただし9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は休館
    住所
    〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kanzanhyakutoku
    料金
    一般 1,600円
    大学生 1,400円
    高校生 1,000円
    展覧会詳細 「横尾忠則 寒山百得」展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団 文芸企画員(特別雇用職員)募集中 [三鷹市吉村昭書斎]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと61日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと26日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    開催中[あと20日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと54日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    東北歴史博物館 | 宮城県
    世界遺産 大シルクロード展
    開催中[あと54日]
    2024年4月9日(火)〜6月9日(日)