IM
    レポート
    ムーミン展
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    六本木にムーミンがやってきました
    可愛らしい姿と、ユーモアあふれる物語が特徴的な「ムーミン」シリーズ。作者はフィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914-2001)です。トーベが生み出したムーミンの魅力を、約500点の作品で紹介する展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催中です。
    (手前2点)《スウェーデンの環境保全キャンペーンのポスター》1970年代 ラルス・ヤンソンとの共作 / (真ん中上から)《アムネスティ・インターナショナルのポスター》制作年不詳 ラルス・ヤンソンとの共作 / 《ユニセフのカード原画》1980年代 / (奥6点)《イースターカード原画》1950年代 いずれも、ムーミンキャラクターズ社所蔵
    1章「ムーミン谷の物語」展示風景
    いずれも、《「目に見えない子」スケッチ》1962年頃 ムーミンキャラクターズ社所蔵
    (手前から)《「ガルム」1947年1月号表紙》1947年 ムーミン美術館所蔵 / 《「ガルム」1946年クリスマス号表紙》1946年 ムーミン美術館所蔵
    3章「トーベ・ヤンソンの創作の場所」展示風景
    (上段・左)《フィギュア ムーミン》トゥーリッキ・ビエティラ 制作年不詳 / (上段・右)《貯金箱 ムーミンパパ》制作年不詳 / (下段)《フィギュア》ラルス・ヤンソン 1970年頃 いずれも、ムーミンキャラクターズ社所蔵
    (左から)《「舞台袖のムーミントロール」(ストックホルムでの再演)ポスター原画》1982年 / 《「クラッシュ」の舞台衣装スケッチ》1963年 / 《「クラッシュ」の舞台衣装スケッチ》1963年 いずれも、ムーミンキャラクターズ社
    《日本滞在中のスケッチ》1971年 ムーミンキャラクターズ社
    (左)《国際アンデルセン大賞名作全種第12巻 ムーミン谷の冬》トーベ・ヤンソン 作・絵、山室静 訳 1968年 講談社 / (右)《色紙》1990年 3月 いずれも、講談社所蔵
    トーベは1914年に、スウェーデン語系フィンランド人の彫刻家の父・ヴィクトルと、スウェーデン人の挿絵画家の母・シグネのもとに、三人姉弟の長女としてヘルシンキで生まれました。下の弟二人も、写真家、小説家・漫画家として活躍と、ヤンソン家は超芸術一家です。

    本展では、絵本の挿絵や原画のスケッチなど約500点の作品を、フィンランド・タンペレ市にあるムーミン美術館と、ムーミンキャラクターズ社が所蔵するコレクションから紹介。挿絵以外にも、グッズやフィギュアなど、多彩な表情のムーミンと、そのなかまたちも展示されています。

    ムーミンの誕生には、二つの起源があると言われています。一つは、トーベがスウェーデン留学中に、叔父・エイナルから聞いた、首筋に冷たい息を吹きかける「ムーミントロール」というおばけの話。もう一つは、弟のペル・ウロフとのけんかによって生み出された、怒った顔の大きな鼻の生きもの「スノーク」です。

    鼻の大きな生きものが心に残ったようで、トーベが画家を志した20代の頃には、「スノーク」とよく似た生きものを、作品に描いていました。



    トーベがムーミン小説を手掛ける前に描いていた、スウェーデン語系の風刺雑誌「ガルム」の挿絵は、本展のみどころの一つです。

    第二次世界大戦が開戦した1939年。フィンランドもソ連の侵攻により、否応なしに戦争へ巻き込まれていきました。戦争を嫌ったトーベは、風刺雑誌「ガルム」に、独裁者たちを痛烈に笑いとばす風刺画を描いていました。その風刺画の中には、ムーミンに似た生物が描かれています。

    日本で初めてムーミンが紹介されたのは1964年でした。1990年には、トーベと弟のラルスが全編を監修した、ムーミンアニメが放送され、日本にもムーミンブームが到来。このブームは、今もなお続いています。

    テレビアニメの宣伝のために、1971年と1990年の2回と来日を果たしたトーベ。日本でのスケッチや写真資料も展示されています。浮世絵とムーミンを並べるユニークな展示も。並べてみると、ムーミンと浮世絵は似ているかも? 見比べてみてください。

    「ムーミン谷の冬」のスウェーデン語版初版より、一部抜粋・縮小して綴じ込みとして収録されている、公式図録もおすすめ。会場最後の特設ショップで限定販売されています。そのほかの展覧会限定グッズのお買い物も、お忘れなく。

    [ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年4月8日 ]

    MOOMIN ムーミン公式ファンブック 2019MOOMIN ムーミン公式ファンブック 2019

    宝島社(編)

    宝島社
    ¥ 1,598

    料金一般当日:1,800円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2019年4月9日(火)~6月16日(日)
    開館時間
    ※展覧会によって異なります。
    休館日
    会期中無休
    住所
    東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://moomin-art.jp/
    料金
    一般 1,800円 / 中学生・高校生 1,400円 / 4歳~小学生 800円
    展覧会詳細 ムーミン展 詳細情報
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県
    公益財団法人静岡市文化振興財団正規職員【静岡市美術館 学芸員(西洋美術又はデザイン、工芸学芸員)】募集 [静岡市美術館]
    静岡県
    川口市職員採用試験(学芸員・考古学専攻) [川口市役所]
    埼玉県
    さいたま市職員採用選考「学芸員(考古)」 [さいたま市教育委員会等]
    埼玉県