IM
    レポート
    須田悦弘展
    千葉市美術館 | 千葉県
    どこにある?リアルすぎる木彫
    ひっそりと展示されている花や草。造花かプリザーブドフラワーのように見えますが、なんとこれらは木で作られた彫刻。現代美術作家、須田悦弘(すだよしひろ)さんの展覧会が千葉市美術館で開催されています。
    《泰山木:花》1999年
    展示室1。それぞれの空間もも須田さんが設計しており、中に木彫の草花が佇んでいます。
    《睡蓮》2002年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
    《大山蓮華》2012年
    7階の「須田悦弘による江戸の美」
    《椿図屏風》の前に置かれているのは…
    《椿》2002年
    1階の「さや堂ホール」でも展示。中央の台上には、《バラ》2012年
    「さや堂ホール」での展示。どこにあるか、現地で探してみてください。
    須田悦弘さんは1969年生まれ。多摩美術大学ではグラフィックデザインを学びましたが、在学中の彫刻の課題でリアルなスルメをつくったことを機に、木彫に開眼しました。

    須田さんの作品は木彫だけではなく、置かれている空間がポイント。木彫と場所とのかかわり全体が、須田さんの作品です。

    展覧会の冒頭は、木彫を置くための空間も須田さん自身が手がけた作品から。《睡蓮》は天井から円形の光が入る白い空間。《東京インスタレイシヨン》は、細い通路のような空間に朴(ホオ)の葉と実の木彫が置かれた作品です。


    《睡蓮》


    《東京インスタレイシヨン》

    7階の展示は「須田悦弘による江戸の美」。須田さんが千葉市美術館のコレクションから選んだ江戸絵画・版画の名品の展示です。

    小さな展示台を林立させ、浮世絵を平置きで展示されるのも須田さんの発案。まるで東京国立博物館の法隆寺宝物館のような空間になりました。

    照明が斜め上から当たっているため、角度を変えて見ると「雲母摺り(きらずり)」の絵はギラっと光って見えるのもポイント。実際の浮世絵は手に取って見ていたので、壁にかけるより、むしろこの方が自然な見え方ともいえます。


    「雲母摺り」がギラリ

    先に進むと、古美術と自作とのコラボレーション展示もあります。須田さんは2000年に、大倉集古館で国宝の《普賢菩薩像》のケース内に自身の小さな作品《雑草》を入れたことを機に、古美術作品と自作の木彫を組み合わせた展示を行ってきました。

    今回も《椿図屏風》の前に《椿》を置くなど、各所に作品を展示。作品は意外なところに隠れるように展示されているので、探しながら見ていく楽しさもあります。


    朝顔はこんなところに(会場で探したい方はご覧にならないでください)

    本展は美術館1階の「さや堂ホール」でも展示があります。ネオ・ルネッサンス様式の「さや堂ホール」は、川崎銀行千葉支店として昭和2年に建てられた建物を保存したもの。須田さんの作品は4点展示されています。


    「さや堂ホール」での展示

    本展は来館者も自由に撮影ができるのも嬉しいポイント(一部の作品を除く)。「受付で作品リストをもらう」「靴は脱ぎやすいもので」「大きな荷物はロッカーへ」等の諸注意は、美術館サイトに詳しく案内されています。(取材:2012年11月14日)


     
    会場
    会期
    2012年10月30日(火)~12月16日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時-午後6時 (入場は午後5時30分まで)
    金曜日・土曜日は午後8時まで (入場は午後7時30分まで)
    休館日
    第1月曜日(11月5日、12月3日)
    住所
    千葉県千葉市中央区中央3-10-8
    電話 043-221-2311
    公式サイト http://www.ccma-net.jp/
    料金
    一般 1000円(800円) / 大学生 700円(560円)
    小・中学生、高校生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
    ※( )内は前売、団体20名以上、および市内にお住まいの60歳以上の方の料金
    展覧会詳細 須田悦弘展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    佐賀県立宇宙科学館 科学コミュニケーター募集! [佐賀県立宇宙科学館]
    佐賀県
    岩国市科学センター任期付職員(学芸員)募集 [岩国市科学センター]
    山口県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと39日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと39日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)