IM
    レポート
    国立科学博物館 特別展 グレートジャーニー 人類の旅
    国立科学博物館 | 東京都
    6万年続く旅を続けるために
    「グレートジャーニー」とは、6万年前に世界中に拡散して行った人類の旅路のこと。探検家・関野吉晴さんは1993年から2002年にかけて、南米・ナバリーノ島から人類最古の足跡化石が発見されたタンザニア・ラエトリまで、自分の腕力、脚力だけで「グレートジャーニー」をたどりました。この展覧会では、関野さんが出会った過酷な環境下で生きる原住民の生活と知恵を見ることができます。
    足跡化石から復元された猿人の家族。表情制作のモデルは、ナインティナインの岡村隆史さん。300枚以上の表情写真を撮影しました
    入り口。右はラエトリの足跡遺跡のレプリカ
    1つ目の地域は熱帯雨林
    10年ぶりに公開される干し首
    3つ目の地域は極寒地帯
    4つ目の地域は乾燥地帯。中央のガラスケースにチンチョロ文化のミイラが展示されています
    船を作るために作った鉄製の道具
    私たちの将来を考えるために必要な10の事柄
    ラエトリの足跡化石のレプリカ。右側の足跡は2人分重なっています。
    南米・アマゾンの熱帯雨林、中央アメリカ・アンデスの高地、アラスカ・シベリアの極北、アタカマ・ゴビなど砂漠の乾燥地帯。人が暮らしていくには過酷過ぎると思われる環境で、原住民たちは祖先から受け継ぐ知恵を用いて逞しく生き抜いています。


    2つ目の地域、高地

    原住民の文化の中には今は廃れてしまったものもあります。今回展示されている干し首も、実はアマゾンの原住民たちがお土産として売っていたもの。元は宗教的な意味合いで作られていましたが、近代になって彼らの住む地域に観光客がきたことで、金儲けの対象に変化していったのです。


    3つの干し首は国立科学博物館の所蔵。10年ぶりの展示です

    展覧会の目玉、チンチョロ文化のミイラは5000年前に作られたの子供のミイラです。南米アタカマ砂漠のチンチョロ族は、エジプトより2000年も前からミイラを作っていたことが分かっています。


    チンチョロ文化のミイラ。顔はマスクをつけています

    関野さんは2009年から2011年まで、日本人のルーツを探る航海を行いました。東南アジアから黒潮に乗って石垣島までを渡りましたが、旅に使った船は徹底した手作り。木を切る道具を作るために、まず海岸で砂鉄を集めるところから始めました。船の製作に10カ月を要しています。


    道具と船の製作過程と航海の様子も上映されています

    関野さんの旅を辿った後、「私たちの将来を考えるために必要な10の事柄」が提示されます。気候問題や資源、環境汚染など。改めて見ると、今を生きる人類に課せられた宿題の重さに少し戸惑ってしまいます。

    最後に、グレートジャーニーの出発点、ラエトリの足跡化石から復元されたアファール猿人の家族に出会えます。彼らから始まり、まだ続く人類の「グレートジャーニー」を未来にバトンタッチするため、生き方を考える必要がありそうです。
    [ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2013年3月15日 ]


    料金一般当日:1,500円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2013年3月16日(土)~6月9日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
    金曜・土曜 9:00~20:00(入館は19:30まで)
    休館日
    毎週月曜日・5月7日(火) ただし3月25日、4月1日、4月29日、5月6日は開館
    住所
    東京都台東区上野公園7-20
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://gj2013.jp
    料金
    一般・大学生 1,500円(1,300円)/小中高校生 600円(500円)
    ※( )内は3月15日までの前売および各20名様以上の団体料金
    ※本展覧会チケットで常設展もご覧いただけます。
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料。
    展覧会詳細 国立科学博物館 特別展 グレートジャーニー 人類の旅 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【寺田倉庫】WHAT MUSEUM アートキュレーター(学芸員) ※正社員 [WHAT MUSEUM]
    東京都
    玄武洞ミュージアム夏季アルバイトスタッフ募集 [玄武洞ミュージアム]
    兵庫県
    令和4年度埼玉県学芸員採用選考(考古、歴史) [県立博物館等]
    埼玉県
    ★2025年春開館予定施設★鳥取県立美術館 企画展示プロデューサー 募集! [倉吉市駄経寺町(鳥取県立美術館(開館予定日:2025年春)),開館前は鳥取県立美術館付近に設置する事務所(倉吉市内)を想定]
    鳥取県
    令和4(2022)年度 栃木県職員採用選考考査〔学芸員(考古)〕について [栃木県立博物館]
    栃木県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと91日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと19日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    開催中[あと22日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    コジコジ万博
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年4月23日(土)〜7月10日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    もうすぐ終了[あと7日]
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード