IM
    レポート
    モローとルオー ─聖なるものの継承と変容─
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    名教授と天才画家、美しい師弟愛の軌跡
    フランス象徴主義の代表的存在のギュスターヴ・モローと、その弟子で20世紀最大の宗教画家と評されるジョルジュ・ルオー。両者は師弟の枠を超え、強い絆で結ばれていました。
    ギュスターヴ・モロー《ユピテルとセメレ》(右)
    ジョルジュ・ルオー《石臼をまわすサムソン》
    ギュスターヴ・モロー《自画像》、ジョルジュ・ルオー《自画像》(左から)
    ギュスターヴ・モロー《石臼をまわすサムソン》(ジョルジュ・ルオー作品に基づく)(右)
    ギュスターヴ・モロー《メッサリーナ》(左)
    ジョルジュ・ルオー《聖顔》(左)
    ギュスターヴ・モロー《パルクと死の天使》、ジョルジュ・ルオー《我らがジャンヌ》(左から)
    ギュスターヴ・モロー《女たちと一角獣たちのいる風景》、ギュスターヴ・モロー《一角獣》(左から)
    ギュスターヴ・モロー《セイレーンたち》、ギュスターヴ・モロー《ヘラクレスとレルネのヒュドラ》(左から)
    フランスの国立美術学校で教授を務めていたモロー。マティスやマルケも指導した名教授でしたが、中でもルオーの才能を高く評価していました。ルオーも画家としての基礎を教えてくれたモローを敬い、モローに死後に設立されたギュスターヴ・モロー美術館の初代館長はルオーが務めています。

    本展は、ギュスターヴ・モロー美術館の現館長であるマリー=セシル・フォレスト氏が監修。2015年には同美術館にも巡回しますが、世界に先駆けてパナソニック 汐留ミュージアムで始まりました。


    会場入口から

    入口近くの大きな絵は、ジョルジュ・ルオーによる《石臼をまわすサムソン》。モローの指導を受けたルオーがローマ賞に出展するために描いた、生涯最初の大作です。

    興味深いのは、この作品を模写したモローの作品も展示されていること。同じテーマで描いた別案と、ルオー作品の全体像を再現した方眼線入りの模写が紹介されています。

    弟子が師の作品を模写することは良くありますが、師が弟子の作品を描くのは極めてまれ。ルオーはこの模写を大切に保管していました。


    ジョルジュ・ルオー《石臼をまわすサムソン》と、モローによる模写

    右奥にあるのは、ギュスターヴ・モローの《ユピテルとセメレ》。神話を主題に描かれた作品で、完成作のための油彩下絵と考えられています。

    王の杖と蓮の花を持つのは、神々の支配者ユピテル。ユピテルの子を身篭ったセメレは、ユピテルの本当の姿を見た途端に稲妻に焼き尽くされてしまいます。


    ギュスターヴ・モローの《ユピテルとセメレ》

    会場は「ギュスターヴ・モローのアトリエ」「裸体表現」「聖なる表現」「マティエールと色彩」と進みます。それぞれのテーマで、モローとルオーの作品を比較して見られる構成です。

    最終セクションは、日本展だけの特別コーナーである「幻想と夢」。モローの代表的テーマに関する油彩や水彩、パナソニック汐留ミュージアムが所蔵するルオーの優品も紹介されています。


    会場

    モローは学生に「私は橋です。君たちの何人かがその上を渡っていくでしょう」と語っていました。気高く大きな橋だったモローと、力強く渡っていったルオー。美しい師弟愛の軌跡をお楽しみください。

    なお本展は2013年12月20日(金)~2014年3月23日(日)、松本市美術館に巡回します。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年9月6日 ]

    モローとルオー: 聖なるものの継承と変容

    後藤新治 (著, 監修), パナソニック 汐留ミュージアム (企画), NHKプロモーション (編集・制作)

    淡交社
    ¥ 2,300(税込み)

     
    会場
    会期
    2013年9月7日(土)~12月10日(火)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    休館日
    水曜日(祝・祭日は開館)、展示替期間、年末年始、夏季休業期間
    展覧会によって、水曜日が開館になる場合がございます。
    住所
    東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://panasonic.co.jp/es/museum/
    展覧会詳細 モローとルオー ─聖なるものの継承と変容─ 詳細情報

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催中[あと29日]
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    2
    三井記念美術館 | 東京都
    特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
    開催中[あと50日]
    2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
    3
    千葉市美術館 | 千葉県
    田中一村展 ― 千葉市美術館収蔵全作品
    もうすぐ終了[あと1日]
    2021年1月5日(火)〜2月28日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと15日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    没後70年 吉田博展
    開催中[あと29日]
    2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
    広島県
    京都産業大学神山天文台 嘱託事務職員募集 [京都産業大学 神山天文台]
    京都府
    栃木県立博物館・解説員募集中! [栃木県立博物館]
    栃木県
    茅ヶ崎市文化資料館学芸員募集中! [茅ヶ崎市文化資料館]
    神奈川県
    神戸ファッション美術館 学芸員補助(任期付)募集 [神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1) ※神戸ファッション美術館は、神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体が 指定管理者となっているため、採用先は(株)神戸新聞地域創造となります。]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード