IM
    レポート
    戦国アバンギャルドとその昇華 兜 KABUTO
    佐野美術館 | 静岡県
    戦場に映える、頭上の前衛芸術
    キャラが立っている戦国武将は、個性的な兜が必須アイテム。大阪歴史博物館で昨年開催され4万人近い来館者を集めた話題展が、関東に巡回中です。
    (右手前から)《黒漆塗鯱形兜》 / 《金茶糸素懸威波頭形兜》 / 《梵鐘形兜 道成寺鬼女前立付》
    (右手前から)《鉄錆地十二間阿古陀形筋兜》 / 《鉄錆地置手拭形兜鉢》 / 《朱塗日根野形兜》
    《銀泥塗一の谷形兜》彦根市指定文化財《朱漆塗頭形天衝脇立兜・朱漆塗半頬》 / 岩手県指定有形文化財《銀本小札紫糸威二枚胴具足》
    (左手前)岡山県指定重要文化財《銀象嵌蒙古鉢兜》
    (左から)《銀箔押兎耳大角立物付兜》 / 重要文化財《関ヶ原合戦図屏風》
    (左手前)《肉色塗入道頭形兜》
    (右手前から)《鉄錆地松竹梅兜》 / 《板屋貝形兜 》
    (右手前)重要文化財《秋草文黒漆太刀拵》
    佐野美術館外観
    マンガやゲームの影響もあり、戦国武将のイメージは兜のデザインと切り離せません。伊達政宗の「弦月(げんげつ:三日月の形)」はもちろん、詳しい方なら、黒田長政の「水牛の角」、福島正則の「一の谷形(急峻な崖を表現)」もご存じかもしれません。

    戦国時代は、大軍が入り乱れる集団戦。兜は武将の存在を示すシンボルであり、他に先駆けて自らを誇示するためにも「変わり兜」は必須アイテムでした。


    第1展示室

    本展はさまざまの「変わり兜」が見ものですが、まずは「変わっていない兜」の紹介から。

    戦国以前の兜は、基本的にはシンプルな形状でした。カボチャのような阿古陀形(あこだなり)や、頭上に手拭を置いたような置手拭形(おきてぬぐいなり)など、現在の工事用ヘルメットのようなフォルムです。

    戦国時代になると様相は一変。動植物や魚介などをモチーフにした立物(兜につける装飾)をつけたり、鉢そのものの造形性を追求したりと、自由な発想から多くのユニークなデザインが生まれました。


    戦国以前の兜と、戦国時代の兜

    時代は下って江戸時代。実戦から離れた兜は、工芸技術の発達も受け、さらに装飾的な要素が強くなります。渦巻の形に突起までリアルに再現した栄螺(サザエ)の兜、五角形の屋根で仏頭を表現した兜など、百花繚乱の趣きです。

    兜というよりもマスクのようなデザインは、《肉色塗入道頭形兜》(にくじきぬりにゅうどうずなりかぶと)。鉄で作った顔の上下は、蝶番で留められた可動式。襟には異国趣味も感じられます。


    《肉色塗入道頭形兜》

    奥に進むと、さらに異形の兜も登場します。熊そのものを模したのは《熊頭形兜》(くまがしらなりかぶと)です。

    口の中や耳には朱漆が塗られ、牙は金色。大きくあいた口には、舌まで表現されています。兜に毛を植える発想は以前からありましたが、ここまで至った例は他に類を見ません。


    《熊頭形兜》

    今年の大河ドラマ「黒田官兵衛」の兜(お椀を伏せたような形です)も出展されており、歴史好きにはたまらない企画展です。本展だけでもかなり多くの「変わり兜」を楽しめますが、残念ながら大阪展のみに出展された兜は、ポップなデザインの図録(2,000円)でお楽しみください。

     

    三島駅から徒歩圏内の佐野美術館についてもご紹介しましょう。

    実業家・佐野隆一氏が蒐集した東洋古美術を中心としたコレクションの佐野美術館。開館は1966(昭和41)年ですが、昨年4月のリニューアルでフレッシュに生まれ変わりました。

    中でも日本刀は有名で、国宝《薙刀 銘 備前国長船住人長光造》をはじめ、8件の重要文化財を所有。平安時代の《大日如来坐像》も重要文化財です。隣接する回遊式の美しい庭園は、美術館の開館時間中は散策可能です。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月20日 ]


    常設展示と、隣接する回遊式庭園

    戦国武将 変わり兜図鑑

    須藤 茂樹 (著)

    新人物往来社
     

    料金一般当日:1,000円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2014年1月7日(火)~2月11日(火)
    開館時間
    10:00~17:00(入館16:30迄)
    休館日
    木曜日(祝日の場合開館)、展示替期間、年末年始
    住所
    静岡県三島市中田町1-43
    電話 055-975-7278
    公式サイト http://www.sanobi.or.jp/exhibition/kabuto_2013/
    料金
    一般・大学生 1,000円/小・中・高校生 500円
    ※毎週土曜日は小中学生無料
    ※15名以上の団体は各2割引
    展覧会詳細 戦国アバンギャルドとその昇華 兜 KABUTO 詳細情報
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県
    公益財団法人静岡市文化振興財団正規職員【静岡市美術館 学芸員(西洋美術又はデザイン、工芸学芸員)】募集 [静岡市美術館]
    静岡県
    川口市職員採用試験(学芸員・考古学専攻) [川口市役所]
    埼玉県
    さいたま市職員採用選考「学芸員(考古)」 [さいたま市教育委員会等]
    埼玉県