IM
    レポート
    高野山開創1200年記念 高野山の名宝
    サントリー美術館 | 東京都
    運慶の《八大童子像》、快慶の《四天王立像》
    唐で密教を学んだ弘法大師空海が、密教修行の根本道場として開いた高野山。「山の正倉院」と称される文化財の宝庫から、密教美術の至宝がサントリー美術館にやってきました。
    国宝《八大童子像》のうち、左から 《恵光(えこう)童子像》運慶作 / 《制多伽(せいたか)童子像》運慶作 / 《指徳(しとく)童子像》 / 《矜羯羅(こんがら)童子像》運慶作
    国宝《八大童子像》のうち、左から 《阿耨達(あのくた)童子像》 / 《清浄比丘(しょうじょうびく)童子像》運慶作 / 《恵喜(えき)童子像》運慶作 / 《烏倶婆誐(うぐばが)童子像》運慶作
    (左から)重要文化財《大日如来坐像》 / 重要文化財《山水屛風》(展示は10/11~11/3)
    (左から)重要文化財《天弓愛染明王像》(展示は10/11~11/3) / 重要文化財《大日如来像》(展示は10/11~11/3) / 《両界曼荼羅図のうち胎蔵界》(展示は10/11~11/10)
    (左から)国宝《澤千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃》(展示は10/11~11/3) / 重要文化財《成身会八葉蒔絵厨子》(展示は10/11~11/3) / 重要文化財《板彫胎蔵曼荼羅》 / 《釈迦誕生図》(展示は10/11~11/10)
    会場
    (左から)重要文化財《浮彫九尊像》 / 重要文化財《毘沙門天立像(胎内仏)》
    重要文化財《四天王立像》のうち、左から 《広目天》快慶作 / 《増長天》快慶作 / 《持国天》快慶作 / 《多聞天》快慶作
    (手前)重要文化財《孔雀明王坐像》快慶作 / (奥)国宝《五大力菩薩像のうち金剛吼菩薩像》(展示は10/11~11/3)
    816(弘仁7)年に開創した高野山。本展は、来年2015年に開創1200年の節目を迎える事を記念した企画で、三章での紹介です(会場構成上、動線は章どおりではありません)。

     第一章「大師の生涯と高野山」
     第二章「高野山の密教諸尊」
     第三章「多様な信仰と宝物」

    仏画、書、仏具などにも名品が数多く出ていますが、特徴的なのは仏像の多さ。出品60件のうち3分の1の20件が仏像です。大型仏像はケース外展示も多く、近くでじっくりと鑑賞できるのも嬉しいポイントです。


    会場

    奥に進むと、快慶作の重要文化財《四天王立像》が。手前から多聞天、持国天、増長天、広目天の順に並びます。四軀とも勇壮な姿ですが、中でも快慶が直接手掛けたとされる広目天は、肉体の把握や彫りの鋭さやで高い評価を得ています(「快慶作」の仏像は、快慶監修の元で複数の仏師によって造られたものです)。

    奈良・東大寺の大仏殿には、以前は大仏とほぼ同じ大きさの巨大な四天王像があり(戦国時代に焼失)、本作はその雛形という説も(ただ、四軀すべてではありません)。確かに視線を下に向けたポーズは、巨像で表現するとさらに迫力が増しそうです。


    重要文化財《四天王立像》快慶作

    階段を降りると、豪華な金の孔雀に乗った四臂(しひ:手が四本)の明王、重要文化財《孔雀明王坐像》が。1200(正治2)年に落慶した高野山孔雀堂の本尊、こちらも快慶作です。

    孔雀明王(くじゃくみょうおう)は画像として表現されたものが多く、立体化された作品は稀少です。


    (手前)重要文化財《孔雀明王坐像》快慶作 / (奥)国宝《五大力菩薩像のうち金剛吼菩薩像》(展示は10/11~11/3)

    お待ちかねの国宝《八大童子像》は、会場最後に登場。八軀の童子をそろって鑑賞できる、貴重な機会となりました。

    恵光(えこう)、烏倶婆誐(うぐばが)、恵喜(えき)、清浄比丘(しょうじょうびく)、制多伽(せいたか)、矜羯羅(こんがら)、指徳(しとく)、阿耨達(あのくた)のうち、最初の六軀はⅩ線分析による像内の納入品から、運慶作と認められています(最後の二軀は作風が異なり、後年に補われたものと考えられます)。

    不動堂の本尊である重要文化財《不動明王坐像》の眷属(けんぞく)ですが、不動明王の眷属は矜羯羅と制多伽の二童子の例が多く、八童子が揃うのは絵画を含めて多くありません。

    自然なポーズですが、顔つきはさまざま。水晶を使った玉眼(ぎょくがん)の目の効果もあって、生き生きとした表現が見ものです。


    国宝《八大童子像》(はちだいどうじぞう)

    三井記念美術館の「東山御物の美」(10/4~11/24)、渋谷区立松濤美術館の「御法に守られし 醍醐寺」(10/7~11/24)、そして東京国立博物館の「日本国宝展」(10/15~12/7)と、この秋は東京の美術館で国宝・重要文化財を多くそろえた企画展が次々に開催されていますが、本展も指定文化財が実に47点。八大童子像、四天王立像、孔雀明王坐像は全期間展示されますが、期間中に展示替えされる作品もありますので、公式サイトの出品作品リストでご確認の上、お出かけ下さい。

    なお本展は2015年1月23日(金)~3月8日(日)、あべのハルカス美術館に巡回します。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月10日 ]


    料金一般当日:1,300円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    ■高野山の名宝 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2014年10月11日(土)~2014年12月7日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00
    休館日
    火曜日休館
    住所
    東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
    電話 03-3479-8600
    公式サイト http://suntory.jp/SMA/
    料金
    一般 1,300円/大学・高校生 1,000円
    ※20名以上の団体は100円引き
    ※中学生以下無料
    展覧会詳細 高野山開創1200年記念 高野山の名宝 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    四日市市会計年度任用職員学芸員の募集 [四日市市役所あるいは久留倍官衙遺跡公園]
    三重県
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと62日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと27日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    開催中[あと21日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと55日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    東北歴史博物館 | 宮城県
    世界遺産 大シルクロード展
    開催中[あと55日]
    2024年4月9日(火)〜6月9日(日)