IM
    レポート
    オノ・ヨーコ|私の窓から
    東京都現代美術館 | 東京都
    創作活動60年を総覧
    60年間に及ぶ表現活動を続けている、オノ・ヨーコ(1933-)さん。米国在住という事もあって、戦後のアメリカ美術の枠組みで紹介される事が多いのですが、もちろんオノさんは日本(東京)出身です。東京での取り組みを中心に、その歩みを総覧する企画です。
    《カット・ピース》1964
    《穴》2009
    《私の窓から セーラム1692》2002
    《フリーダム》1970
    横尾忠則《WAR IS OVER ポスター(ジョン・レノン、オノ・ヨーコ)》1969
    《フィルム No.5(スマイル)》 / 《フィルム No.1(マッチ・ピース)、FluxFilm No.14》
    《グレープフルーツ》1964(左奥)、など
    《私たちはみんな水》2006
    プレス内覧会に出席したオノ・ヨーコさん
    展覧会は時代順の4章構成ですが、現在から過去に遡っていくスタイル。第Ⅰ章では1990年代から現在までの作品が紹介されます。

    オノさんといえば、社会に向けたメッセージ性の強い作品。近作の《クリケット・メモリーズ》も、吊るされた虫籠に、広島やサラエボなどの都市名と、大きな出来事が起きた日付が刻印されています。

    銃弾が撃ち込まれたガラスの作品は、《穴》。添えられたメッセージ「GO TO THE OTHER SIDE OF THE GLASS AND SEE THROUGH THE HOLE.(ガラスの反対側に行き、穴から見てごらん)」で、撃つ方と撃たれる方の関係に切り込みます。


    第Ⅰ章

    第Ⅱ章は60年代後半から。ジョン・レノンと69年に結婚したオノさんは、ベトナム戦争に対する反戦運動に積極的に参画。69年の師走には世界12都市に広告ポスターなどを掲示する平和キャンペーンを展開し、東京でも12月24日に行われたイベント「ジョン=ヨーコ・レノンのよびかける平和クリスマス」で、日比谷野外音楽堂から東京駅までデモ行進が行われています。

    オノさんの活動は反戦にとどまらず、女性や環境の問題にも拡大。分かりやすくユーモアあふれる手法を用いて、広く社会に対して問題を提起していきました。1974年にはプラスティック・オノ・スーパー・バンドを率いて来日。10年ぶりに日本のステージにも立っています。


    第Ⅱ章

    第Ⅲ章は60年代前半。61年にニューヨークで個展と個人演奏会を初開催し、本格的に芸術家としての活動を始めたオノさん。1962年には10年ぶりに帰国し、64年までに草月会館ホールや内科画廊(ともに東京)、山一ホール(京都)など、日本国内で精力的に活動します。

    言葉を使ったコンセプチュアル・アートの作品集《グレープフルーツ》、オノさんの衣装を観客がはさみで切り取っていくパフォーマンス《カット・ピース》など、オノさんを代表する作品が発表されたのもこの時期です。ジョン・レノンの名曲「イマジン」が《グレープフルーツ》から発想された事も良く知られています。

    《私たちはみんな水》は近年の作品ですが、順路的にはここで登場します。水が入った器の前には、著名人の名前。人間の成分は、ほとんどが水。蒸発すれば、皆同じです。


    第Ⅲ章

    最終の第Ⅳ章は、最初期の作品。芸術家としてスタートする前まで遡り、その発想の源に迫ります。

    幼少期のオノさんは、父の赴任に伴って2度渡米。開戦前に帰国し、1952年までの10年間は東京で暮らしました。幼稚園は自由学園、ロシア人芸術家を姻戚には持つなど、独自の感性が磨かれるに相応しい環境で育ちました。

    テキスト《無音の音楽》と英文の詩画集《見えない花》は19歳の時の作品で、展覧会初公開。現在まで繋がる創作のスタイルが、早くも現れている事がわかります。

    プレス内覧会にはオノ・ヨーコさんも出席。展覧会開催後には83歳を迎えるオノさんですが、背筋をピンと伸ばして平和について熱く語る姿が印象的でした。[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年11月9日 ]

    今を生きる今を生きる

    オノ・ヨーコ (著)

    集英社インターナショナル
    ¥ 1,296


    ■オノ・ヨーコ 私の窓から に関するツイート


     
    会場
    会期
    2015年11月8日(日)~2月14日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
    休館日
    月曜日(11月23日、2016年1月11日は開館)、11月24日、12月28日~2016年1月1日、1月12日   
    住所
    東京都江東区三好4-1-1
    電話 03-5245-4111(代)
    公式サイト http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/yoko-ono-from-my-window.html
    料金
    一般 1,200(960)円
    大学生・専門学校生/65歳以上 900(720)円
    中高生 700(560)円
    小学生以下 無料
    ※( )内は20名様以上の団体料金 ※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料
    ※本展のチケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。

    ※同時開催の「東京アートミーティングⅥ ‟見えない"都市を見せる」とのセット券もございます。
    一般1,800円/ 大学生・専門学校生・65歳以上1,360円/ 中高生1,100円/ 小学生以下無料
    展覧会詳細 オノ・ヨーコ|私の窓から 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと87日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと83日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと52日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと157日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと122日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    わらべ館(公財 鳥取童謡・おもちゃ館)専門員(正職)募集 [わらべ館(県立童謡館・鳥取世界おもちゃ館)]
    鳥取県
    令和4年度今治市教育委員会(考古学芸員)採用面接試験のご案内 [大西藤山歴史資料館(国史跡 妙見山古墳のガイダンス施設)]
    愛媛県
    一般任期付職員(文化財保護または銚子ジオパーク担当の学芸員)を募集します [銚子市社会教育課文化財ジオパーク室]
    千葉県
    日本銀行金融研究所 貨幣博物館職員(事務職員)の募集 [日本銀行金融研究所貨幣博物館]
    東京都
    川崎市岡本太郎美術館 職員(学芸員)募集 [川崎市岡本太郎美術館]
    神奈川県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード