IM
    レポート
    上野の森美術館所蔵作品展「なんでもない日ばんざい!」
    上野の森美術館 | 東京都
    いま、こういう時期だからこそ見てみたいと思う「日常」を描いた作品
    日常のなかに/日常から絵画へ/動物/風景/ひろがる想像 の5章構成
    版画家・野田哲也の〈日記〉シリーズ、秋山さやかの作品も

    上野の森美術館で始まった本展は、1983年から開催されている「上野の森美術館大賞展」の受賞作品を紹介する展覧会です。

    展覧会のテーマは「なんでもない、どこにでもある日常」。コロナ禍が続くいま、こういう時期だからこそ見てみたいと思う作品、約80点が、5章構成で展示されています。


    会場風景

    第1章は「日常のなかに」。家や室内、身の回りの光景、自身やすぐそばにいる親しい人を描いた作品など、まさに「なんでもない、どこにでもある日常」を感じる作品が並びます。

    展覧会メインビジュアルは、千葉美香《神秘》。沖縄の伊計ビーチで光や風、水などがもたらす心地よさを感じ、この作品では「生きる喜び」を表現したそうです。第35回(2017年)上野の森美術館絵画大賞の作品です。


    (左から)千葉美香《神秘》2017年 / 真鍋修《頁》2007年 / 生地みのり《rail》2020年

    第2章は「日常から絵画へ」、ここでは絵画の様式に着目。日常を題材にしながらも、絵画固有の空間構築により、独特の画面が生まれています。

    作家たちがこの作品を制作したのは、20代~30代の半ば。過去や同時代の美術に学びながら、自身の絵画を確立していこうとさまざまな手法に挑んでいます。


    (左から)樺山祐和《HITORI》1990年 / 山本達郎《T氏の部屋(A)》1989年

    第3章「動物」。現代の人々とって動物は、ペットは極めて身近な存在になった一方で、それ以外の動物を日常で意識する事はほとんど無くなっているでしょう。

    ただ、古来から美術や工芸のモチーフになってきた動物。特に日本画には花鳥画の伝統があり、その流れは現代の作家にも受け継がれています。動物ならではの生命力や躍動感、そして色や形の美しさは、現代の作家をも魅了します。


    (左から)𠮷田幸紘《蒼ク想ウトキ》2012年 / 青木秀明《Life》2003年 / 桜井まど香《知れや語れや》2017年

    会場2階に上がって、第4章は「風景」。まさに日常の隣にある風景。この章には、手の届く範囲の風景よりもはもっと広い、遠い風景や俯瞰した風景の作品が並びます。

    街、建物、工場や鉄道など、都市の建築物は、人を描かなくても生活を連想させます。一方で、水の流れや雲など自然には、悠々とした不変の姿に目が向けられています。


    (左から)櫻井あすみ《fragments》2016年 / 長濱俊之《神社のある街かど》2020年 / 松崎十朗《夜景》1993年 / 茂木瑶《星座 ― 窓からの風景 ―》2014年

    最後の第5章は「ひろがる想像」。画家のクリエイティビティは無限大。カンバスの大きさには制約があっても、自身の想像力で目の前の現実をはるかに上回る世界を、どこまでも描き出す事ができます。

    身近なモチーフを別のイメージと重ねたり、動きや空気など、回りにあっても目に見えないものを表現したりと、画家の意欲が作品に反映されています。


    (左から)長友紀子《Landscape 01》2006年 / 小谷里奈《廻る気色》2018年

    特集展示として日本を代表する版画家の一人である野田哲也の〈日記〉シリーズ、そして秋山さやかが上野公園を題材に制作した作品も紹介されています。

    この展覧会も日時予約制です。あらかじめWEB販売かコンビニ店頭販売で日時指定券を購入のうえ、会場にお越しください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年7月22日 ]

    会場
    上野の森美術館
    会期
    2020年7月23日(木)〜8月30日(日)
    開催中[あと24日]
    開館時間
    10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
    (ただし展示によって異なる)
    休館日
    不定休(ただし展示により異なる)
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
    電話 03-3833-4191
    公式サイト http://www.ueno-mori.org/
    料金
    ※日時指定制
    ①10:00~10:59  ②11:00~11:59  ③12:00~12:59  ④13:00~13:59 
    ⑤14:00~14:59  ⑥15:00~16:30 

    一般1000円 / 大学生500円 / 高校生以下無料
    ※障がい者とその付き添いの方1名は無料、
    展覧会詳細 上野の森美術館所蔵作品展「なんでもない日ばんざい!」 詳細情報
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県
    公益財団法人静岡市文化振興財団正規職員【静岡市美術館 学芸員(西洋美術又はデザイン、工芸学芸員)】募集 [静岡市美術館]
    静岡県
    川口市職員採用試験(学芸員・考古学専攻) [川口市役所]
    埼玉県
    さいたま市職員採用選考「学芸員(考古)」 [さいたま市教育委員会等]
    埼玉県