企画展示 世界の眼でみる古墳文化


国立歴史民俗博物館

〒 285-8502
千葉県 佐倉市 城内町117

公式サイト

期間

2018年03月06日~2018年05月06日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

日本列島には、3世紀中頃から6世紀までの約350年間、世界史的に見ても稀なスケールをもった先史モニュメントが築かれました。それは現代でも地域の景観を演出し、一部はいまだに国家的祭祀の対象となっています。本展は2019年の第1展示室[先史・古代]のリニューアルオープンに先立って、日本の歴史と文化の最大のシンボルともいえる古墳を、世界の先史モニュメントと比較して特質をあぶり出し、その主人公として葬られた王の姿を出土品などから復元します。さらに、そのような王や古墳の姿を、現代日本のアートやサブカルチャーの担い手、世界の考古学者たち、古墳が築かれたのちの今までの日本人や日本社会がそれぞれどんなまなざしで見つめ、そこに何を求め、未来にどう伝えようとしているのかを、作品・写真・古文書・出土品・複製品など約100点のさまざまな展示を通して明らかにします。


料金

一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /小・中学生:無料


※( )内は20名以上の団体 
※総合展示もあわせてご覧になれます。 
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。

休館日

月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)ただし、4月2日(月)、5月1日(火)は開館

アクセス

●京成電鉄:京成佐倉駅下車、徒歩で約15分
●JR:総武本線・成田線佐倉駅下車、バスで約15分
●自動車:東関東自動車道 四街道I.C.または佐倉I.C.から国道296号線沿いで約15分(大駐車場完備・無料)

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる