ちひろ・アンデルセンの世界


安曇野ちひろ美術館

〒 399-8501
長野県 北安曇郡松川村 西原3358-24

公式サイト

期間

2019年07月20日~2019年09月30日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

世界的に有名なデンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセン。その童話は、現在も、国境を越えて読み継がれています。いわさきちひろも、また、人の世の喜びや悲しみまでをも描き出すアンデルセンの童話のうつくしさに心惹かれ、イメージをふくらませながら繰り返し描き続けました。

1940年代に描いた「お母さんの話」の紙芝居から始まり、1950年代後半から60年代半ばの子ども向けの文学全集がブームとなった時代には、10冊以上の童話集にアンデルセンの童話を描きました。1966年~1968年には、「おやゆび姫」「にんぎょひめ」「あかいくつ」などを桧本として描いています。その作品の総数は、850点を超えています。

本展では、第2次世界大戦後の日本の子どもの本の出版史を追いながら、ちひろが描いたアンデルセン童話を多数展示。その作品群から見えてくるアンデルセン童話への思いと、工夫を凝らしながら描いた表現の変遷をさぐります。

【会場】
安曇野ちひろ美術館 展示室1・2

料金

大人 800円 / 高校生以下 無料

※有料入館者20名以上の団体、65歳以上の方、学生証をお持ちの方は700円
※障害者手帳をご提示の方は400円、介添えの方は1名まで無料
※視覚障害のある方は無料

年間パスポート 2,500円

休館日

7月24日(水)、9月25日(水)

アクセス

【電車】
・JR大糸線「信濃松川」駅より約2.5km、タクシー5分、レンタサイクル15分、徒歩30分
【車】
・長野自動車道「安曇野」I.C.より約30分
【駐車場】
有り 150台、大型バス8台 無料

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる