メスキータ

エッシャーの師、日本初の大回顧展

19世紀から20世紀にかけて活躍したオランダのアーティスト、サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)。エッシャーに大きな影響を与えましたが、その最期は悲劇的でした。日本で初めての回顧展が東京ステーションギャラリーで開催中です。

  • (左から)《マントを着たヤープ》 1913 / 《ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像》 1922
  • (左から)《髭に手をやる自画像》 1917 / 《パイプをくわえた自画像》 1900
  • (左から)《ドーラ》 1895頃 / 《ベッティ・ロペス・デ・レアオ・ラグーナの肖像》 1908
  • (左から)《喜び(裸婦)》 1914 / 《悲しみ(裸婦)》 1914
  • (左端から時計回りで)《ユリ》第1ステート(全5ステートのうち) / 《ユリ》第2ステート(全5ステートのうち) / 《ユリ》第4ステート(全5ステートのうち) / 《ユリ》第3ステート(全5ステートのうち) すべて 1916-17
  • (左から)《鹿》第10ステート(全10ステートのうち) / 《鹿》第9ステート(全10ステートのうち) ともに 1925
  • (左から)《ファンタジー:キッパーの男》 1905頃 / 《ファンタジー:紙片を持つ女(ルネに)》 1925
  • (左から)《ファンタジー:さまざまな人々(黒い背景)》 1921 / 《ファンタジー:三人の人物(青い顔)》 1922
  • (左奥から)《『ウェンディンゲン』第10巻10号 [特集:ロシア演劇]》 1930 / 《『ウェンディンゲン』第1巻10号 [特集:建築]》 1918

「M.C.エッシャーの師」という取り上げられ方が多いメスキータ。エッシャーの関連作品としての展示はありますが、今回は正真正銘、メスキータを主役に据えた大規模展です。

メスキータはアムステルダム生まれ。国立美術アカデミーを受験するも不合格となり、結局、国立師範学校で美術教育の資格を取りました。

初期は油彩や水彩を描きましたが、1890年頃からエッチングやリトグラフ、木版画などの版画も手掛けるように。とりわけ得意にした木版画が、後にエッシャーに影響を与える事となります。

展覧会のメインビジュアル《ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像》は、息子を描いた作品。他に自画像も数多く並びます。メスキータは生涯を通じて自画像を手掛けています。

1902年にハールレムの応用美術学校の教師になったメスキータ。エッシャーはここでメスキータの教えを受けました。特にエッシャーの初期作品には、メスキータの影響が強く見て取れます。



本展の特徴のひとつが、ステート違いの作品を展示している事。版画の制作では、工程の段階ごとに試刷りをしていくため、最初の試刷りが第1ステート。以後、最終ステートまで番号が増えていきます。ステートを追う事で、創作のプロセスが楽しめます。

例えば《ユリ》は、第5ステートまで進みました。ベタの背景に線が加わり、人物も増えるなど、大きく変化している事が分かります。

メスキータは木版画制作の中で、しばしば対象を幾何学的に構成する事があります。《鹿》は顕著な例で、角は三角形に。鹿のフォルムもデザイン性が高くなっています。

版画は綿密に計算しながら制作を進めるメスキータですが、ドローイングは真逆です。本人いわく「まったく意図していない無意識の表れ」で、現実と空想が入り混じったような作品を数多く描いています。

会場には、メスキータが表紙のデザインを担当した建築と美術の雑誌『ウェンディンゲン』も並びます。表紙は1920年代のさまざまなスタイルの作家がデザインを手掛け、メスキータは計9回担当。うち2回は、メスキータ自身の特集でした。

高齢になっても精力的に活動を続けたメスキータですが、その晩年は暗黒の時代と重なってしまいます。1940年、ドイツはオランダを占領。ユダヤ人であるメスキータは1944年に逮捕され、アウシュビッツで75歳の生涯を閉じました。

師の悲報を嘆いたエッシャーは、いちはやくメスキータの作品を保護。終戦後すぐにメスキータの展覧会も開催しています。今日までメスキータ作品が残っているのは、エッシャーの尽力があったからこそです。

東京ステーションギャラリーから始まった巡回展。東京展の後は千葉、兵庫、栃木、福島と進みます。会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年6月28日 ]


 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2019年6月29日(土)~8月18日(日)