企画展「虫展 ―デザインのお手本―」

螟?蟾? 読めますか?

虫をテーマにした展覧会なら昨年も上野で開催されましたが、今回の会場は21_21 DESIGN SIGHT。という事で、虫を「デザインのお手本」としてとらえました。デザイナー、建築家、構造家、アーティストたちが、虫からインスピレーションを得て作品を制作しました。

  • 会場風景
  • 佐藤卓《シロモンクモゾウムシの脚》
  • 《虫の標本群》
  • 阿部洋介+小檜山賢ニ+丸山宗利《虫のかたち》
  • 山中俊治+斉藤一哉+杉原寛+谷道鼓太朗+村松充《READY TO FLY》
  • 小檜山賢二《トビケラの巣》
  • 隈研吾建築都市設計事務所+アラン・バーデン《髪の巣》
  • 鈴木啓太《道具の標本箱》
  • 岡篤郎+小林真大《MAO MOTH LAOS》

身近なものをテーマに掲げ、楽しく、そして美しく紹介する展覧会で定評がある21_21 DESIGN SIGHT。今回は虫がテーマ、館長の佐藤卓さん自らが展覧会ディレクターを務めます。

展覧会の企画監修は、虫好きとしても知られる解剖学者の養老孟司さん。会場各所には、虫に関する豆知識「虫マメチ」や、養老先生の「養老語録」も紹介されています。

冒頭は、佐藤卓《シロモンクモゾウムシの脚》から。700倍に拡大された、シロモンクモゾウムシの中脚です。本物は5mmほどですが、新しい精密写真によってここまでの表現が可能になりました。



他にも気になった作品を、何点がご紹介していきましょう。

山中俊治+斉藤一哉+杉原 寛+谷道鼓太朗+村松 充による《READY TO FLY》は、甲虫の翅(はね)を3Dプリンタで再現した作品です。

緑色のモデルに近づくと、前翅(外側の硬いはね)が開き、中から折り畳まれた後翅(薄いはね)が一瞬で広がります。その構造は、2017年に東大のグループによって解明されました。

「虫」が付いている漢字を並べた《虫漢字のかんじ》。向井 翠(TSDO)の作品で、指で押すと読み方が出てきます。

魚が付く漢字なら回転寿司でも目にしますが、虫が付く漢字は難問ぞろい。蟬(せみ)や蟻(あり)はともかく、螟?蟾?(正解は、ずいむし、ひきがえる)

虫と人との関係を考えさせられる衝撃的な作品が、岡 篤郎+小林真大の《MAO MOTH LAOS》。蛾の研究をしながらブレイクダンサーとして活動する小林マオの、ラオスでの一日を追った映像です。

電灯に誘われた蛾が大量に飛散する中で、黙々と踊る小林。「虫が寄ってくる=気持ち悪い」という固定観念が、ふっ飛ばされます。ちみに昆虫は多くの国で食用になっており、ラオスでも一部の蛾は食されます。

「夏休みは昆虫採集」が定番だった昭和は遠い昔。大人も子どもも、すっかり虫嫌いが増えたと聞きました。六本木で虫の素晴らしさを、改めて見つめ直していただきたいです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年7月18日 ]

世界でいちばん素敵な昆虫の教室世界でいちばん素敵な昆虫の教室

須田研司(むさしの自然史研究会) (監修)

三才ブックス
¥ 1,512

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2019年7月19日(金)~11月4日(月・祝)