《十二支歌仙歌合色紙帖》

この作品の応援メッセージを見る

《十二支歌仙歌合色紙帖》 紙本銀地着色、江戸時代前期(17 世紀)、慶應義塾(センチュリー赤尾コレクション)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ


擬人化された十二支の動物たちが左右にわかれ、歌合をしています。このような趣向は、「十二類絵巻」なども知られますが、本作品のように、『天神十二時詠』を歌合の形式で取り上げたものは、他に類例がありません。

二番の歌合は、左寅、右卯。寅は、「’とら’ば手にたまりもやせぬ 秋の夜の 草葉の露に やどる月影」、卯は「’う’き事の 夢に成行 世なりせば 我いにしへを おもひ合せん」というように、十二支を歌に詠み込んでいます。この歌は、天神(菅原道真)が、干支の「十二時」に、一首ずつ読んだと伝承される『天神十二時詠』とほぼ一致しています。


担当者からのコメント

虎は束帯姿で笏を持ち、垂纓冠を被り、見事に歌仙に扮するかに見えますが、よく見ると、赤い舌がぺろりと出て、本性を隠しきれていないのが可愛らしいポイントです。KeMCo新春展2022「虎の棲む空き地」(会期:2022年1月11日(火)〜2月10日(木))で展示されるので、ぜひ虎の集まる慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)に見にいらしてください。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
北海道
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
福岡市職員【文化学芸職・係長級】(歴史~日本近世史~) 募集! [福岡市博物館]
福岡県
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと108日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
開催中[あと39日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
3
国立西洋美術館 | 東京都
内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
開催中[あと67日]
2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
4
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
もうすぐ終了[あと4日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
5
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催まであと3日
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)