《蝦夷錦》

この作品の応援メッセージを見る

《蝦夷錦》(えぞにしき) または山丹服(さんたんふく)

函館市北方民族資料館


蝦夷錦または山丹服と呼ばれるこの衣装は、大陸(当時の中国、清代)から樺太を通って、北海道のアイヌの手に渡った絹織物です。
絹の生地に絹糸の刺しゅうが施された、非常に手のかかった立派な衣装です。
これには象徴的に龍の刺しゅうが施され、その龍の爪(指)の数でどんな身分の人が着用していたかがわかると言われており、この4本爪のものは高い身分の貴族や高官が着ていた官服と言われています。
当館にはもう1着5本爪(皇帝が着用)のものも保管されており、開拓使函館支庁仮博物場(現在の市立函館博物館)の開館祝いとして函館の豪商、杉浦嘉七から1879年(明治12年)に寄贈されたものである。その後の年代測定において清王朝の時代に伝わった物として、当時の交易の様子を物語る逸品です。


担当者からのコメント

見た目の色やデザインの細かさにより、当館収蔵品としても人気の高い一品です。
「交易の民」とも呼ばれたアイヌ民族の交易範囲の広さを物語る品でもあり、後に本州へも流出することとなった蝦夷錦ですが、本来の形状を維持したまま国内に保存されている物は非常に少なく、その中でも来歴のはっきりしているものは、数点ではないかと言われています。
胸のあたりに一番大きく配置されている龍の刺しゅうですが、背面にも同じデザインで刺しゅうが施されております。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
令和6年度公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団 調査研究員(正規職員)募集 [公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団]
群馬県
しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
東京都
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと82日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと70日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと70日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
日本科学未来館 | 東京都
刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
開催中[あと91日]
2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
5
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと13日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)