テーマ展示「田中秀介展:絵をくぐる 大阪市立自然史博物館」

    大阪市立自然史博物館 | 大阪府

    今回のテーマ展示は、当館の第2展示室です。この展示室そのものを描いた絵画を、モチーフとなった展示室内で鑑賞します。作品を描いたのは、和歌山出身で大阪に学び、現在も大阪市阿倍野区に在住して創作活動をおこなわれている田中秀介さんです。田中さんは、ご自身にとって身近な存在でもある当館に実際に足を運び、高さ250センチを超える大きな画面12枚9点に、第2展示室で見たものを描き出しました。 美術を通じて絵をくぐって見いだされる自然史博物館は、一体どのような姿でしょうか。自然史博物館は、自然科学についての学びを体験できる場ですが、美術作品を自然史博物館で鑑賞する試みは、誰しもに新たな体験となることでしょう。美術館やギャラリーではなく、自然史博物館という枠組みで行う展示もまた、美術の作品発表として新たな試みです。
    会期
    2022年10月25日(火)〜12月11日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
    料金
    常設展入館料:大人300円/高大生200円/中学生以下無料
    ※障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
    ※30人以上の団体割引あり
    休館日 月曜日
    公式サイト http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/theme-stanaka2022/
    会場
    大阪市立自然史博物館
    住所
    〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
    06-6697-6221
    テーマ展示「田中秀介展:絵をくぐる 大阪市立自然史博物館」のレポート
    0
    マンモスや恐竜の骨格や化石などが並ぶ部屋に田中さんの絵画作品が展示した美術と博物館の異分野のコレボレーション。
    作家の視線や角度に合わせようとすると、絵画の前で腰を低くしたり首を横にしたりすることになり、見ることの面白さを体感させてくれたのでした。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    横尾忠則現代美術館非常勤嘱託員(アーカイブ担当)募集 [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県
    静嘉堂文庫美術館 学芸補助員募集 [静嘉堂文庫美術館【勤務地 静嘉堂(東京都世田谷区岡本 2-23-1) 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1)】]
    東京都
    那珂川町馬頭広重美術館嘱託学芸員(会計年度任用職員)募集 [那珂川町馬頭広重美術館]
    栃木県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(宇宙分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(教育普及分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと110日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと61日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと5日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと129日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)