終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」

    安城市歴史博物館 | 愛知県

    明治6年(1873)、近代的な軍隊整備を目指した明治政府により徴兵令が制定されると、一定の年齢に達した男子が兵士としての訓練を受け、戦場に送られる体制ができあがりました。対外戦争を重ねるたびに戦場は拡大し、昭和20年(1945)に終戦を迎えるまで、多くの人々が兵士として戦場を経験することになります。 特に昭和6年の満州事変以降は、招集・志願を問わず、数多くの人々が出征しました。中国や南方の国外に派遣され、そこで戦った人だけではありません。飛行機の整備兵だった人、軍医だった人、兵士の教育に携わった人、兵器の製造に携わった人、本土を護るために特攻や防衛をした人など様々な役割をもって戦いました。 初めての対外戦争である日清戦争からは今年125年、昭和20年の第二次世界大戦終戦後からは75年が過ぎ、兵士として戦争を経験した人々の多くが亡くなっています。今回の展覧会では、寄贈された数多くの遺品、資料を通して、兵士たちが経験した「戦争に行く」とはどういうものだったのか、彼らが過ごした「戦場」とはどのようなものだったのかを紹介します。 ■関連イベント 「祈りの木に折り鶴を飾ろう」 「謎ときクイズラリー」 受付 9:00~15:30 費用 1キット/100円 「回り灯篭を作ろう」 8月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)  各日10:00~16:00 300円(別途:電球キット700円) 定員 1日10個(先着順) ■記念講演会 7月18日(土)14:00~ 記念講演会「戦場と兵士-アジア・太平洋戦争を中心に-」講師:吉田裕氏(一橋大学名誉教授) 定員 15名(先着順/要予約) 7/7(火) 9:00~電話受付 8月23日(日)14:00~ 記念講演会「出征兵士の手紙を読む」講師:一ノ瀬俊也氏(埼玉大学教授) 定員 15名(先着順/要予約) 8/7(金)9:00~電話受付 ■ナイトミュージアム 8月28日(金)~30日(日)は20:30まで開館
    会期
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
    料金
    400円(中学生以下無料)
    休館日 毎週月曜日(8月10日は開館) ※新型肺炎感染拡大防止のため、変更となる場合がございます
    公式サイト https://www.ansyobunka.jp/
    会場
    安城市歴史博物館
    住所
    〒446-0026 愛知県安城市安城町城堀30
    0566-77-6655
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    プラネタリウム解説員募集(堺市教育文化センター ソフィア・堺) [堺市教育文化センターソフィア・堺]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと121日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと16日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと72日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと23日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)