江戸のリアリズム 森蘭斎

    にいがた文化の記憶館 | 新潟県

    [新潟県文化祭2020] 現在の妙高市新井に生まれた森蘭斎(1740~1801年)は「南蘋派(なんぴんは)」の絵師として江戸中期に活躍しました。越後新潟で五十嵐浚明(1700~1781年)に画を学んでいたころ、南蘋派の熊代熊斐(くましろ・ゆうひ、1712~1773年)の画を見て、南蘋派入門を決意。宝暦13(1763)年ころから長崎でその技法を学びました。 「南蘋派」、中国・清時代の宮廷画家 沈南頻(しん・なんぴん、1682~1760年?)が長崎滞在時に残した技法で、写実的で鮮やかな彩色の花鳥画を特徴とします。この技法は大流行し、同時代の円山応挙や伊藤若冲に影響を与えたといわれますが、現在では知る人ぞ知る流派です。 天明2(1782)年に、蘭斎は版本『蘭斎画譜』を出版。この画譜により、南蘋派が広く知られることとなりました。 本展では生誕地・妙高市に残る作品を『蘭斎画譜』とともに展示し、江戸のリアリズム絵師・森蘭斎を展観します。
    会期
    2020年8月22日(土)〜11月23日(月)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00(観覧券の販売は17:30まで)
    料金
    一般 500(400)円 / 学生〔高校生以上〕300(240)円 / 中学生以下無料 ※( )は20名以上の団体料金
    休館日 月曜日(ただし9月21日、11月23日は開館)、9月23日[水]
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト http://nmmc.jp/exb/3568
    会場
    にいがた文化の記憶館
    住所
    〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5階
    025-250-7171

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと29日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと8日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと29日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    4
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催まであと34日
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと71日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 学芸員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    藤沢市学芸員募集(浮世絵) [藤沢市藤澤浮世絵館]
    神奈川県
    神戸海洋博物館 副責任者募集(広報・事業責任者)株式会社 丹青社 [神戸海洋博物館]
    兵庫県
    埼玉県立歴史と民俗の博物館の学芸員(臨時的任用)を募集中 [埼玉県立歴史と民俗の博物館]
    埼玉県
    横浜人形の家 事業企画スタッフ(展示企画・製作/教育普及プログラム実施等)募集 [横浜人形の家]
    神奈川県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード