インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ご招待券プレゼント  >  Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒー口ー&ピーポー 応募画面

Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒー口ー&ピーポー 【5組10名様】

 

兵庫県立美術館 - 「芸術の館」 -
会場 兵庫県立美術館 - 「芸術の館」 -
開催期間 2019年1月12日(土)~2019年3月17日(日)
所在地 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
TEL : 078-262-0901
HP : http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/index.html
展覧会詳細へ Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒー口ー&ピーポー 詳細情報
【応募締切】2019年01月21日(月)
20世紀のはじめから現代へと至る日本の美術作家の表現には、社会的な関心が色濃く表れたものも少なくありません。同展はそうした傾向を示す作品の中でも、特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目するものです。とりわけ大衆とも呼ばれる後者の存在は、どのようにその存在を可視化するのか、そしてどのようにして彼らとの間に連帯を築くことができるのかという切実な問いを表現者に投げかけてきました。

ひとびとの集団=同展で仮にピーポーと呼ぶ存在が、立場や考え方によっていくらでも変化し、わかれていくものであるという事実は、その姿をとらえがたいものにします。同展で注目するもうひとつの特別な存在=「ヒーロー」は、「ピーポー」が直面する困難やその願いを映し出す鏡としての、あるいはその存在に姿を与える触媒としての役割を担っています。このような問題意識のもとに、同展では「ヒーロー」や「ピーポー」とは何かという問いに応えようとしてきた昭和と平成の時代に生まれた作品をいくつかのテーマに沿って見ていきます。これに4名のアーティストによる同展のための最新作が加わります。

会場には「美術」の領域にはおさまらない様々な大衆的メディア(紙芝居、漫画やアニメ、特撮など)の作例も並びます。平成の最後をかざる同展は、昭和と平成の時代を生きたわたしたちのヒーローがどのような時代に生まれたのか、彼らがひとびとのどんな願いを背負っていたのかをたしかめる絶好の機会となるでしょう。
プレゼントの当選者は厳正なる抽選の上で決定し、
発表はプレゼントの発送をもって代えさせて頂いております。
当選者には応募締切から最長でも5日以内には届くようにお送りいたします。


メール*
名前 姓 *
   名 *
郵便番号 *
ご住所(都道府県)*
ご住所 *
年齢 *
16歳未満の方はお申し込みに際し、保護者の同意が必要です。あり  
性別 *男   女  
ご職業 *
ミュージアムに行く頻度は?*
ミュージアムの訪問理由は?(複数回答可能)好きな博物館・美術館に行くため   好きなアーティストの展示品・作品を見るため   好きな企画展(常設展)を見るため   観光   デート   調査・研究   子どもの教育   学習のため   癒しのため   学校行事   その他  
インターネットミュージアムでよく見るコンテンツは?(複数回答可能)ミュージアム検索   イベント検索   取材レポート   ニュース   ご招待券プレゼント   学芸員募集の掲示板   全国巡回展情報   テレビでミュージアム   皇室がご覧になった展覧会   ミュージアム掲示板  
今後の楽しみな展覧会があれば教えてください
インターネットミュージアムへのご意見、ご感想お待ちしております
インターネットミュージアムの個人情報の取り扱いについて *同意する  

* は必須項目です。

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社