インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  こども未来館 ここにこ
pickup museum

こども未来館 ここにこ

目印の赤いモニュメントは「らくがき門」。芝生広場でもイベントが行われます
こどもとミュージアムの第3弾は、愛知県豊橋市の「こども未来館 ここにこ」(以下「ここにこ」)です。開館して5年、豊橋市民にはすでにお馴染みですが、市外から足を延ばしても決して期待を裏切らない充実の館内をご紹介します。
「こども未来館 ここにこ」の入口。ロゴタイプも印象的
遊具があふれる「子育てプラザ」。施設利用者のために土、日、祝日は託児も行っています
豊橋100年の町並みと暮らしを紹介する展示コーナー
平成19年に引退した市電「モ3702号」は、映像を見ながらシミュレーション運転が可能
5つのブースで、それぞれの遊びが楽しめます
ステーションで借りることができる「体験セット」。定期的に新しいキットが入ります
“イクメン”も、のびのびと

豊橋駅から、子どもとゆっくり歩いても10分程度。広い芝生と、赤いモニュメント「らくがき門」が見えたら「ここにこ」はすぐそこです。

0~3歳までの乳幼児と保護者が対象の「子育てプラザ」。床暖房完備のフローリングの部屋は、大型の木製遊具からままごとなどの小さなおもちゃまで揃っています。

“イクメン”が当たり前になってきた昨今ですが、遊びに行った先がお母さんばかりでは、少し肩身が狭いもの。そんな心配も、パパと子どもの組み合わせを普通に見かける「ここにこ」なら無用です。「子育てプラザ」で定期的に開催されている親子講座でも、パパと子ども向けプログラムも用意されています。

好奇心を刺激する、数多くの体験

施設の目玉といえるのが「体験・発見プラザ」。中でも「まち空間」には、子どもの好奇心を刺激するさまざまな仕掛けがあります。

豊橋の100年の暮らしを紹介するコーナーの先には、市電の運転シミュレーションコーナー。「アトリエ」「ラボ」「クリニック」「サロン」「ファクトリー」の各ブースでは、それぞれをテーマとした遊びのプログラムで楽しめます。

館内で遊べる「体験セット」は、プロの道具や教材・知育玩具とワークシートがセットになったもの。「はかる」「調べる」などテーマに分かれ、全部で数十種類の中から好きなものを選んで楽しめます。積木のレールでボールを転がす、虫眼鏡でミッションを探して問題を解くなど、その内容はさまざま。男の子でも女の子でも、必ずお気に入りの「体験セット」を見つけることができます。

多彩な遊びができるように手間をかけて準備しているのは、子どもがいろいろな体験をする事によって、自分が好きなこと、やってみたいことを見つけて欲しいという想いから。館を訪れる子どもを見ていても、最初の目的とは違う遊びに興味を示しはじめる子どもが数多くいるそうです。

「いつ来ても楽しめる場所に」

「集いプラザ」はいろいろな人が集まって交流することができるエリア。「ここにこ広場」ではコンサートやパフォーマンスが毎週のように行われ、ギャラリーでは児童や市民の作品展などが実施されています。

「何回来ても“ここに来たら何か楽しい事ができる”と思われる施設にしたい」と、スタッフも意欲的。季節ごとのイベントや地元との連携も積極的に行い、すっかり地域に溶け込んだ施設になりました。

充実の施設は認知度が上がっており、市外からの来館者も拡大中。8月に達成した300万人目のお客様も、浜松市からの方でした。お子さん連れで近くまで来た際は、ぜひ覗いてみてください。間違いなく「わざわざ足を運ぶ価値がある施設」です。

(取材:2013年10月28日 写真・文:インターネットミュージアム)


エントランスから入ると、大きな空間は「ここにこ広場」。週末を中心に、さまざまなイベントが行われます
体験セットを楽しめる「体験・発見プラザ」と、乳幼児対象の「子育てプラザ」。広い館内で、子どもはのびのびと遊んでいます

 
館名こども未来館 ここにこ
所在地 愛知県豊橋市松葉町三丁目1番地
TEL : 0532-21-5525
HP : http://www.coconico.jp/
開館時間 【子育てプラザ】9時30分~17時
【体験・発見プラザ】9時30分~17時(7、8月は18時まで)
【集いプラザ】9時30分~21時
入館料 【子育てプラザ】無料
【体験・発見プラザ】
 ・まち空間 入場料(1人1日) 大人 200円/小・中・高校生 100円
 ・まちづくりセンター 無料
【集いプラザ】無料(ただし、貸室は有料)
休館日 毎週水曜日(ただし、水曜日が祝休日の場合は開館、翌平日が休館となります)
年末年始(12月29日~1月1日)

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社