インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  失われたダ・ヴィンチ「アンギアーリの戦い」の謎に迫る ── 来年5月、東京富士美術館で開催

ニュース

失われたダ・ヴィンチ「アンギアーリの戦い」の謎に迫る ── 来年5月、東京富士美術館で開催
(掲載日時:2014年12月04日)
「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』」展の記者発表

2014年12月4日(木)、レオナルド・ダ・ヴィンチが手掛けた革新的戦闘図「アンギアーリの戦い」に関する作品・資料を紹介する企画展の記者発表会が、都内のイタリア大使公邸で開催された。

《アンギアーリの戦い》は、フィレンツェ・シニョリーア宮殿の大評議会広間(現ヴェッキオ宮殿・五百人広間)を飾るためダ・ヴィンチが取り組んだ大壁画だが、未完に終わった。後に別の壁画装飾で覆われたため、その全容は明らかになっていないが、イタリア・ルネサンス美術の中でも最も野心的な装飾計画のひとつとされている。

本展では、失われたレオナルドの壁画の中心部分である「軍旗争奪」の場面を記録した16世紀の油彩画《アンギアーリの戦い(ダヴォラ・ドーリア)》を、日本で初めて公開。本作はイタリア国外に流出した「イタリアの重要な文化遺産」として認定されていたが、1992年に東京富士美術館が購入。同美術館は2012年6月にイタリアと交流協定を結び、同作はウフィツィ美術館に寄贈されて祖国イタリアに戻った。

展覧会では、同じ広間に描かれるはずだったミケランジェロの《カッシナの戦い》を16世紀に模写した板絵も日本初公開。いずれも原作が失われた二代巨匠の壁画が、16世紀の板絵で競演する事となる。

学術監修は東京藝術大学副学長の越川倫明教授。7カ国、22の美術館から油彩、素描、版画など約60点が出展される予定となっている。展覧会の構成は以下。

 プロローグ レオナルドの記憶
 第1章 アンギアーリ前夜 ~ シニョリーア宮殿と「大評議会広間」
 第2章 失われた傑作 ~ レオナルドの《アンギアーリの戦い》への手がかり
 第3章 競演の舞台 ~ アンギアーリとカッシナ、ミケランジェロとの対決
 第4章 視覚革命 ~ 《アンギアーリの戦い》によるバロック時代への遺産
 エピローグ レオナルドを求めて ~ ここからはじまる、失われた傑作探究への第一歩

「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』」展は、東京・八王子市の東京富士美術館で2015年5月26日(火)~8月9日(日)に開催。入館料は大人 1,300円、大高生 800円、中小生 400円。前売りはそれぞれ1,000円、700円、300円。

展覧会は2015年度と2017年度にシーズン1、2として全国巡回する予定。シーズン1は東京富士美術館の後に2015年8月22日(土)~11月23日(月)に京都文化博物館、2016年3月19日(土)~5月29日(日)に宮城県美術館で開催。シーズン2は北海道展が2017年6~8月、中国展が同9~10月、四国展が同11~12月、中部展が2018年1~3月、九州展が同4~5月の予定。
 


この記事に関連した記事


取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社