インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  ショパン自筆の楽譜が初来日 ── 「ショパン ─ 200年の肖像」展が今秋から開催

ニュース

ショパン自筆の楽譜が初来日 ── 「ショパン ─ 200年の肖像」展が今秋から開催
(掲載日時:2019年04月09日)
ショパン自筆の楽譜が初来日 ── 「ショパン ─ 200年の肖像」展が今秋から開催
(左から)明治期に輸入されたショパンの楽譜 / 大正期に出版されたショパン関連の本『ショパンの生涯』 / 日本人最初の「ショパン弾き」澤田柳吉に関する資料『セノオ楽譜 お江戸日本橋』


日本とポーランドの国交樹立100周年を紀念し、「ショパン ─ 200年の肖像」展が全国巡回展として開催される事となり、2019年4月9日(火)、都内で記者発表が行われた。

フレデリク・ショパン(1810-1849)は、ポーランド出身の作曲家。繊細な曲調や、ピアノ曲を数多く作曲した事から「ピアノの詩人」と呼ばれている。

展覧会は、ポーランドの国立フレデリク・ショパン研究所が全面的に協力。ショパン自筆の楽譜や手紙、油彩画、版画、ポスター、彫刻、書籍など約250点を展観する。

最も注目されるのは、日本初公開となるショパン自筆の楽譜。楽譜は本国でも国宝といえる存在で、極めて厳重に管理されており、所蔵するフレデリク・ショパン博物館でも公開が限られている。複製ではなく自筆の楽譜が、ポーランドから遠く離れた日本に渡るのは、極めて珍しい。

ショパンと交流があったオランダ出身の画家、アリ・シェフェールが描いた《フレデリク・ショパンの肖像》も、日本初公開となる。

人気漫画「ピアノの森」とも連携。展覧会に隣接して、漫画の原画やTVアニメ映像を紹介する展示コーナーも設けられる。

「ショパン ─ 200年の肖像」展は、兵庫県立美術館で2019年10月12日(土)~12月1日(日)、久留米市立美術館で2020年2月1日(土)~3月22日(日)に開催。2020年4月~6月に練馬区立美術館、2020年8月~9月に静岡市美術館に巡回する。
 



取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
山種美術館「【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟」
速水御舟展
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
Bunkamura
バレルcol.
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)「謎の蒔絵師 永田友治」
[エリアレポート]
「永田友治」展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ゴッホ展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― メスキータ展 特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」 MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社