インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  流転の軌跡を辿る ── 国立西洋美術館で「松方コレクション展」

ニュース

流転の軌跡を辿る ── 国立西洋美術館で「松方コレクション展」
(掲載日時:2019年06月10日)
国立西洋美術館「松方コレクション展」

2019年6月10日(月)、東京・台東区の国立西洋美術館で「松方コレクション展」のプレス向け内覧会が開催された。

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業)の初代社長などを務めた松方幸次郎(1860-1950)が収集した西洋美術の名品「松方コレクション」を紹介する企画展。

松方は第一次世界大戦を背景とした船舶需要増で巨額の利益を上げ、美術館建設を目指して精力的に美術品を収集。その数は、浮世絵約8000点のほか、西洋絵画、素描、版画、彫刻、装飾芸術品など3000点近くにのぼる。

その後、昭和金融恐慌のあおりを受けてコレクションは散逸。パリに残っていた約400点は、第二次世界大戦末期にフランス政府によって接収されたが、1959年に20点を除いた375点が「寄贈返還」され、国立西洋美術館はそれらを基に設立された。

展覧会ではフランスに留め置かれたゴッホの《アルルの寝室》(オルセー美術館蔵)をはじめ、国内外に散逸した名品など、約160点を展示。流転の運命に翻弄された松方コレクションの軌跡を辿る。

2016年にパリ・ルーブル美術館で破損した状態で発見され、国立西洋美術館に寄贈されたモネ《睡蓮、柳の反映》も、現存部分が修復され、修復後初公開されている。

「松方コレクション展」は国立西洋美術館で、2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)に開催。観覧料は一般 1,600円、大学 1,200円、高校生 800円、中学生以下は無料。前売りはそれぞれ、200円引で、2019年6月10日(月)23:59まで発売。

「松方コレクション展」のチケットはこちらiconicon

 



インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
DIC川村記念美術館「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」
[エリアレポート]
ジョゼフ・コーネル
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー メスキータ展
東美濃の縄文土器 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 日本画「青・蒼・碧」展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社