インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  世界の眼でみる古墳文化

世界の眼でみる古墳文化

■15万基のモニュメント
【会期終了】 九州から東北まで(最終的には北海道にも伝播)、日本各所で見られる古墳。西暦250年頃から約350年間に築かれた日本の古墳は、その規模と築造数で、世界でも稀な存在といえます。世界の目線で日本の古墳を考察する展覧会が、国立歴史民俗博物館で開催中です。
国立歴史民俗博物館の第1展示室[先史・古代]が2019年にリニューアルオープンする事に先駆けて始まった本展。会場は5章構成です。

まず展示室Aの第1章「王権とモニュメント」から。権威を象徴するモニュメントとして、日本における古墳は代表格といえる存在です。

第2章「王と墓:権威と象徴性」では、世界5地域(中南米、北米、ヨーロッパ、韓国、中国)の先史モニュメントと、日本の古墳を比較。日本にある古墳は約15万基。大規模な墓がつくられる一方で、城や都市がほとんど発達していないのは日本の特筆といえます。

第3章は「古墳時代の王の姿」。古墳の副葬品や埴輪などから、祀られた人の姿に迫ります。

ユニークな試みが、第4章「古墳へのまなざし」。現代のアーティストが古墳時代に向けるまなざしとして、『機動戦士ガンダム』で知られる安彦良和さんによるオリジナルイラストが展示されています。時代考証に基づいた作画は制約がありそうですが「意外に楽しかった」という事です。

第5章は「古墳を見る「いま」の眼」。古墳の調査研究などを紹介していますが、これは展示室Bに続きます。


展示室A

展示室Bは、薄暗い会場。6世紀装飾古墳をリアルに感じてもらおうという趣向で、奥にあるのは、熊本県千金甲1号墳石室の実物大模型。石室内の装飾壁画が鮮やかに浮かび上がります。

周囲には、日本画家の日下八光(1899-1996)氏が制作した、装飾古墳の模写も。現物は経年劣化が避けられない中で、ある時点での記録は、未来に情報を伝える手段として極めて重要です。

考古遺物の伝承には、レプリカ(模型)も欠かせません。実物ばかりが注目される中、保存・公開を考えると、レプリカはもっと評価されても良いはずです。自戒も含めて、考え直したいと思います。


展示室B

大山古墳(仁徳天皇陵)などを有する百舌鳥・古市古墳群は、今年1月に世界遺産候補として推薦されました。今後、ユネスコで審査され、決定は2019年夏ごろ。朗報を期待しましょう。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年3月5日 ]



■世界の眼でみる古墳文化 に関するツイート


 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2018年3月6日(火)~5月6日(日)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.rekihaku.ac.jp/
展覧会詳細へ 世界の眼でみる古墳文化 詳細情報
取材レポート
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート MIHO MUSEUM「紫香楽宮と甲賀の神仏―紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形」
[エリアレポート]
紫香楽宮と甲賀神仏
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社