インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ル・コルビュジエ 絵画から建築へ ― ピュリスムの時代

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ ― ピュリスムの時代

■‘ル・コルビュジエ’になる前
【会期終了】 近代建築史に燦然と輝く巨匠、ル・コルビュジエ(1887-1965)。本館を設計した国立西洋美術館など7か国17資産は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。若き日の「ピュリスム(純粋主義)」運動に焦点を当てた展覧会が、同館で開催中です。
展覧会は国立西洋美術館の開館60周年と、ピュリスム誕生から100周年を記念した企画。ピュリスム時代のル・コルビュジエは、本名のシャルル=エドゥアール・ジャンヌレとして活動していました。

ピュリスムを牽引したのが、画家のアメデ・オザンファン(1886-1966)。オザンファンとジャンヌレは、第一次大戦の終結直後の1918年12月にパリで絵画展を開催。著作「キュビスム以後」で、当時最先端だったキュビスムを、主観的で無秩序な芸術であると批判しました。

ふたりは近代科学と機械の進歩を称賛し、社会の近代化に応える普遍的な表現として「ピュリスム」を提唱。幾何学的な規則に基づく構築的な絵画を追及し、独自の様式を確立していきます。

1920年秋には、月刊誌「エスプリ・ヌーヴォー(新精神)」を創刊、「構築と総合」の啓蒙を目指しました。ジャンヌレはこの雑誌に建築論を発表し、この時に用いたペンネームが「ル・コルビュジエ」でした。



ピュリスムの槍玉にあがったキュビスムは、20世紀の初頭に生まれました。第一次世界大戦中に一時衰えたものの、戦後、再び勢いを取り戻していました。

オザンファンとジャンヌレは、ピカソ(1881年生)やブラック(1882年生)といった、少し上の世代が進めたキュビスムを批判していました。ただ、「幾何学的な秩序に支えられた芸術」という点で、キュビスムとピュリスムは同根といえます。

戦後、ドイツ人画商が所有していたキュビスム絵画の競売に関わったジャンヌレ。ピカソ、ブラック、レジェらの作品に初めて接し、すでに彼らが「構築と統合」を実現していた事を理解したジャンヌレは、完全に考えを改めました。この経験は自身の絵画、そして建築にも大きな影響を与える事となります。

「エスプリ・ヌーヴォー」誌での連載から、本格的に建築家としての道を歩み始めたジャンヌレ。1925年のパリ国際装飾芸術博覧会(アール・デコ博覧会)に出展したパビリオン「エスプリ・ヌーヴォー館」は、ピュリスムの記念碑的な作品です。博覧会のテーマである「装飾芸術」を真っ向から否定し、規格化と大量生産に基づいた生活環境を示しました。

ただ、オザンファンとの関係は徐々に微妙になっていました。双方の不信感と競争心は徐々に拡大し、1925年に爆発。オザンファンは「エスプリ・ヌーヴォー」誌の編集から撤退し、ここにピュリスムは終焉を迎えました。

知名度を上げたジャンヌレは支持を集め、1920年代後半には近代建築の第一人者としての名声を不動のものにします。

一方で絵画は、1923年以降は展覧会への出展こそなくなりますが、絵画に対する興味を失ったわけではありません。むしろ、1927年頃からは午前中にデッサンと絵を描く事を日課にするなど、忙しい建築家の仕事の中でも、絵画の重要性を認識していました。

1928年からは絵画の署名もル・コルビュジエに。自然の風景や女性像も描かれるようになり、「幾何学的な秩序」から「人間と自然の調和」に変わっていきました。コルビュジエの代表作「サヴォワ邸」にも、浴室の曲線や螺旋階段などに、絵画における変化を見る事ができます。

会場の国立西洋美術館本館は、ル・コルビュジエが設計した3つの美術館のなかのひとつ。建築模型が展示されている1階の19世紀ホールから、スロープを上がった回廊状の2階で絵画などを見る流れです。ル・コルビュジエの思想を体感しながら、その原点といえる絵画を鑑賞できる、贅沢な展覧会です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月18日 ]

最新版 建築家ル・コルビュジエの教科書。最新版 建築家ル・コルビュジエの教科書。

マガジンハウス(編集)

マガジンハウス
¥ 1,350

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立西洋美術館
開催期間2019年2月19日(火)~5月19日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://lecorbusier2019.jp/
展覧会詳細へ ル・コルビュジエ 絵画から建築へ ― ピュリスムの時代 詳細情報
取材レポート
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート MIHO MUSEUM「紫香楽宮と甲賀の神仏―紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形」
[エリアレポート]
紫香楽宮と甲賀神仏
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社