インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  第四十八代横綱 大鵬を偲んで

第四十八代横綱 大鵬を偲んで

■大相撲の巨星、逝く
【会期終了】 「巨人・大鵬・卵焼き」。1960年代前半の子供の好きな物を並べた流行語でも挙げられる横綱 大鵬が、2013年1月19日(土)に72歳で死去しました。悲報を受け相撲博物館で企画展がはじまりました。
通算幕内優勝32回、六場所連続優勝2回、全勝優勝8回。初優勝、新大関、新横綱はいずれも史上最年少(当時)と、数々の記録を打ち立てた大鵬。引退からすでに42年が経ち、現役時代の勇姿を知らない方も多いのではないでしょうか。

前の企画展の終了を早め、急遽はじまった「第四十八代横綱 大鵬を偲んで」展。入門から引退後の活動まで、大鵬が相撲界に残した足跡を辿ります。


在りし日の大鵬。土俵入りは雲龍型

横綱大鵬こと納谷幸喜は昭和15年生まれ、父はウクライナ人です。昭和31年に二所ノ関部屋に入門。昭和34年には新十両に昇進し、伝説上の巨大な鳥に由来する四股名「大鵬」となりました。

昭和35年初場所に新入幕。ここで初日から11連勝を含む12勝3敗で敢闘賞を受賞し、彗星のごとく現れた色白の美男力士は大きな人気を集めます。ちなみに、新入幕で初めて敗れた相手が、後に「柏鵬時代」を築くことになるライバル、柏戸でした。

同年の九州場所で初優勝し、場所後には新大関に。翌年には新横綱と、猛スピードで階段を駆け上ります。


入門から5年。メキメキと力を付けて史上最年少(当時)の21歳3カ月で横綱に

横綱になってからも圧倒的な実力で角界に君臨。昭和44年夏場所には史上空前の30回目の優勝を達成し、その功績が認められて一代年寄が授与されました。

昭和46年夏場所に引退し、大鵬部屋を創設。昭和52年に脳梗塞で倒れる不運もありましたが、関脇巨砲をはじめ14人の関取を育成しました。日本相撲協会を定年退職した後は、第5代の相撲博物館館長に就任。社会貢献活動も熱心に行い、晩年まで人々に愛された大横綱でした。


昭和44年夏場所に30回目の優勝、その功績が認められて一代年寄に

会場では、2005年に紫綬褒章を受章したことを記念して製作されたDVDも放映されています。

柔軟な長身と懐の深さで四つ相撲でも押し相撲でも対応できた大鵬は「型が無いのが大鵬の型」といわれるほど。ライバルの柏戸とは37回戦い、大鵬の21勝16敗でした。


相手次第でどんな取り口でもできた

高度成長期の日本の姿と重なるように右肩上がりで相撲界の頂点に上り詰め、国民的なスターとなった大鵬。娯楽が少なかった当時と現在とでは相撲を取り巻く環境は異なりますが、若い頃の凛々しい大鵬を見ると「もし大鵬の新入幕が今年だったら」と想像してしまいます。

取材の当日、大鵬に国民栄誉賞が授与されることが正式に決定。遅きに失した感は残念ですが、またひとつスターに勲章が加わりました。(取材:2013年2月15日)

巨人、大鵬、卵焼き―私の履歴書

大鵬 幸喜 (著)

日本経済新聞社
¥ 1,575

 
会場相撲博物館
開催期間2013年2月9日(土)~4月19日(金)
所在地 東京都墨田区横網1-3-28国技館1階
TEL : 03-3622-0366
HP : http://www.sumo.or.jp/museum/
展覧会詳細へ 第四十八代横綱 大鵬を偲んで 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社