インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  木島櫻谷 ─ 京都日本画の俊英 ─

木島櫻谷 ─ 京都日本画の俊英 ─

■漱石が酷評した、京画壇の人気者
【会期終了】 木島櫻谷(このしまおうこく)と言われても、特に関東の方は馴染みが薄いかもしれません。明治から昭和にかけて活躍した京都の日本画家、東京では初めての大規模回顧展です。
「今では『寒月』以外の作品をご存じの方は少ないかも」と、展覧会担当の実方葉子学芸員はやや心配そうに紹介しますが、その実力は折り紙付き。明治後半から大正にかけて文展では花形として活躍し、京画壇ではもちろん全国的にも非常に人気が高かった日本画家です。

没後75年に開かれた本展には、初期から晩年までの作品がずらり。大型の作品も多く、見応えたっぷりの回顧展です。

まず紹介されている初期の作品は、若い頃目指していた歴史画や、太い筆で大胆に描いた動物画など。卓越した画力は、この時期の作品からも伺えます。


会場入口から

本展には櫻谷の旧邸を保存・公開している櫻谷文庫からも、多くの作品・資料が出展されました。

常に写生帖を懐にしていたといわれる櫻谷。動物、人物、風景を適格に捉えたスケッチ類が、展示ケースに並びます。


スケッチの数々

最も有名な櫻谷の作品は、こちらの《寒月》。月夜の竹林に現れた一頭の狐を静謐なトーンで描いた印象深い作品ですが、夏目漱石が酷評したことでも知られています。

文展でこの作品を見た漱石は「屏風にするよりも写真屋の背景にした方が適当な絵である」と一刀両断。もともと漱石は皮肉屋ですが、ここまで貶すのは何故か。展覧会図録では学芸課長の野地耕一郎さんも鋭く分析していますが、ぜひ自分の目で評価してみてください(展示期間は1/11~1/19、2/11~2/16です)。


《寒月》

小さな展示室2に並ぶのは、四季の屏風《柳桜図》《燕子花図》《菊花図》《雪中梅花》。桜や菊はかなり厚塗りで、油彩画のように筆の跡が立体的に残ります。

屏風は大正6年に竣工した住友家の茶臼山本邸のために発注されたもので、高さ180センチの大型サイズ。中央の椅子に座ると三方が金屏風に囲まれる事になり、かなり壮観です。


展示室2。《菊花図》はかなり厚塗りです

最後にご紹介するのが、本展で初公開となる手描きの婚礼衣装。同居していた櫻谷の孫・もも子のために、仕立てた着物に金泥・銀泥で直接描いた見事な衣装です。

描いた時期が櫻谷の最晩年だとしても、もも子はまだ10代前半。早い準備は、孫娘に対する櫻谷の深い愛情を感じさせます。

櫻谷は昭和13(1938)年に死去。婚礼衣装はその9年後に使われました。


《白羽二重地金銀彩梅樹模様打掛》

京都画壇では竹内栖鳳と人気を二分する存在だった木島櫻谷。前述の住友家のほか、豪商の小津与右衛門、久邇宮多嘉王家(現在の皇后陛下の叔父)、変わったところでは嘉納治五郎も講道館に飾るために注文したほどです。櫻谷作品を9点所蔵する泉屋博古館分館ならではの企画展、ゆっくりと時間をとってお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月10日 ]


 
会場泉屋博古館分館
開催期間2014年1月11日(土)~2月16日(日)
所在地 東京都港区六本木1-5-1
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.sen-oku.or.jp/
展覧会詳細へ 木島櫻谷 ─ 京都日本画の俊英 ─ 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社