インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器

IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器

■ヨーロッパで愛された伊万里の100年
【会期終了】 17世紀半ばから約100年間にわたり、ヨーロッパへ輸出された伊万里焼。里帰りしたものだけを集めた充実のIMARIコレクションが、日本初公開です。
伊万里焼の海外輸出が本格的に開始されたのは1659年。すでにヨーロッパで人気を博していた中国の景徳鎮の磁器輸出が、中国・明清王朝の交代に伴う動乱や海禁政策で激減してしまったことに端を発します。

景徳鎮の磁器の代用として本格的な輸出が開始されたとあって、初期の伊万里焼は模倣が主です。中国風の人物が描かれていたり、景徳鎮で盛んに作られていた芙蓉手(ふようで)などが代表的です。

やがて、日本独自の絵付けがされた磁器が輸出され始めます。1670年代からは、乳白手(にごしで)とよばれる乳白色の地に繊細な色絵を施した柿右衛門様式が登場。ヨーロッパの宮殿で大人気になりました。


第1章 伊万里、世界へ 1660~1670年代 第2章 世界を魅了したIMARI 1670~1690年代

伊万里を愛した王侯貴族たちは、こぞってコレクションを宮殿に並べました。1690年代から好まれたのが金襴手(きんらんで)様式の絢爛豪華な陶磁器です。東洋陶磁のコレクターだったザクセン選帝侯のアウグスト強王が、伊万里を多くコレクションしたのもこの頃。しかし、1684年から中国の清王朝が輸出を再開。伊万里は景徳鎮の大規模生産に押され始めていきます。

会場に並ぶ作品は、大きな壺に金の絵付けや透かしが施されたり、蓋に人形が乗ったりと、とても豪華。ヨーロッパの宮殿を想像しながらご覧ください。


第3章 ヨーロッパ王侯貴族の愛した絢爛豪華 1690~1730年代

輸出された伊万里の多くは、注文生産で作られました。そのため江戸時代の暮らしとは無関係の、アルファベットが書かれた調味料入れや、ティーカップとソーサーのセットなど、西洋の生活文化に沿った品も多数見られます。

ティーカップやチョコレートカップが並ぶ台は鏡張りですが、これもヨーロッパの宮殿で好まれた展示方法に倣ったもの。鏡に映して多くのコレクションがあるように見える工夫がされていました。


現代のデザインとは少し違って取っ手がありません。背が低いものはコーヒーカップやティーカップ、背が高いものはチョコレートカップと考えられています

伊万里焼は、再び勢いを取り戻した景徳鎮との激しい競争を強いられます。アムステルダムで描かれた原画をもとに、景徳鎮と伊万里が同じ内容の絵付けをしたものや、伊万里焼の文様を景徳鎮が写したものなどを見ることができます。

そして、伊万里のコレクターだったアウグスト強王の死去に伴い、伊万里のヨーロッパでの人気は下火になり、1757年に伊万里の公式な海外輸出は終焉を迎えます。


第4章 輸出時代の終焉 1730~1750年代

本展はこの後松本市美術館(4/12~6/8)、大阪市立東洋陶磁美術館(8/16~11/30)へ巡回。その後、大阪市立東洋陶磁美術館のIMARIコレクションは2015年12月には故宮博物院への展示も決定。日本から世界をめぐる伊万里焼の魅力に触れられる貴重な機会になりそうです。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2014年1月24日 ]

海を渡った古伊万里―セラミックロード―

大橋康二 (監修)

青幻舎
¥ 1,680

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場サントリー美術館
開催期間2014年1月25日(土)~3月16日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社