インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  フランス印象派の陶磁器 1866-1886 ─ ジャポニスムの成熟 ─

フランス印象派の陶磁器 1866-1886 ─ ジャポニスムの成熟 ─

■陶磁器にも華開いた印象派、日本初紹介
【会期終了】 モネ、ドガ、ルノワールらが1874年に開催したグループ展。後に皮肉をこめて「印象派」と名付けられたグループが、近代絵画において大きな足跡を残した事は良く知られていますが、同じころ、陶芸の世界でも革新的な陶磁器が作られはじめていました。
印象派は日本で最も人気がある西洋絵画ですが、「印象派の陶磁器」は初耳の方も多いのではないでしょうか。

パリでは第1回印象派展から100年後の1974年に開催された「セラミック・インプレッショニスト(Céramique Impressionniste)」展で、印象派絵画のような筆致で装飾された陶磁器群が「印象派の陶磁器」と呼ばれ、その高い芸術性に注目が集まりましたが、日本で系統的に紹介されるのは初めての機会となります。


テーブルセッティングのコーナーは、一般の方も撮影可能です。

会場は4部構成。一番の見どころは3部の「ファイアンス陶器から『印象派の陶磁器』 テラコッタへ-アビランド社オートゥイユ工房」で、画家がキャンヴァスに描くように鮮やかな絵付が施された作品が並びます。

こちらは、テラコッタの上から泥しょう(スリップ)を掛ける「バルボティーヌ」という技法を用いたもの。装飾図案を担当する芸術家たちは、印象派の絵画だけでなく日本の版画などからも想を得て、次々に美しいテーブルウェアを生み出していきました。


3部「ファイアンス陶器から『印象派の陶磁器』 テラコッタへ-アビランド社オートゥイユ工房」

展覧会のご案内とは少し外れますが、ぜひ注目していただきたいのが会場の入口。壁面とレリーフに映し出される映像は、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社による照明機能と映像投影機能を組み合わせた「Space Player(スペース プレーヤー)」による演出です。


会場入口の美しい演出も必見です

会場にはモネやルノワールといった印象派の絵画も展示されております。あわせてお楽しみください。

巡回展の本展は、滋賀展、山口展、岡山展と続いて、パナソニック 汐留ミュージアムで4会場目。東京展の後には岐阜県現代陶芸美術館(2014年7月5日~8月24日)に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月4日 ]

フィガロブックス パリの雑貨とアンティーク。

フィガロジャポン編集部 (編集)

阪急コミュニケーションズ
¥ 1,728

 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2014年4月5日(土)~6月22日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ フランス印象派の陶磁器 1866-1886 ─ ジャポニスムの成熟 ─ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社