インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  石田徹也展 ─ ノート、夢のしるし

石田徹也展 ─ ノート、夢のしるし

■底知れぬ沼、重量級の展覧会
【会期終了】 気鋭の画家として注目を集め出した矢先に、踏切事故のため31歳の若さでその生涯を閉じた石田徹也(1973-2005)。代表作約110点が平塚市美術館で紹介されています。
石田徹也は1973年、焼津市生まれ。小学生の時に第五福竜丸事件に関心を持ち、「ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸」を通じて、社会派画家のベン・シャーンの影響を受けました(被曝した第五福竜丸は焼津の遠洋マグロ漁船です)。

武蔵野美術大学在学中に、第6回グラフィック・アート「3.3㎡(ひとつぼ)展」でグランプリを獲得。コンビニの店員や警備員、工事現場の作業員などのアルバイトをしながら、作家活動を続けました。

活動の初期は、社会と世相に翻弄される現代人をテーマにした作品が目立ちます。会場入口で展示されている《燃料補給のような食事》も、「食事というより燃料補給に近い」という牛丼屋からの連想です。

本展では、初公開となる下絵も紹介されています。展覧会メインビジュアルの《飛べなくなった人》も、初期の段階でディテールまで構想が及んでいた事が分かります。


1章 起点…「創作方法を探したい」、2章 漂う人…「現実の何かに光をあてる」

会場は、ほぼ年代順の構成(4章を除く)。1章~2章の初期作品に続いて、3章は1998年から2001年頃までの作品です。この時期の作品から、現実生活に密着した場面が増え、明らかに石田本人に見える人物も登場するようになります。

教室の生徒が顕微鏡と一体化した《めばえ》は、見ることと見られることをテーマにした作品。消防士が手を差し伸べる《無題》も、あまり救出されたくない雰囲気です。表情の乏しい人物と、時間が止まったような場面の奥に、底知れぬ沼が潜んでいるような作品が続きます。


3章 変化「他人の自画像」

4章はチャリティーのための作品や、本や雑誌の仕事など。石田は雑誌「Number」の挿絵を数年に渡って担当していたほか、大槻ケンヂの著作の表紙絵なども手がけていました。

矢吹ジョーのように「真っ白な灰」になったキング・カズや、コックピットではなく側溝に収まっているF1レーサーなど。ユーモラスな絵画も、どこか重い印象が残ります。


4章 ユーモア「ナンセンスへと近づくことだ」

最後の5章は、2000年頃からの作品です。それまではイラストボードなどにアクリル絵の具で描いていましたが、キャンバス+油彩に変わっていきます。

画材が変わった事で塗り重ねも増え、表現方法も重層的に。病院、薬、枯れ木、性器など、生と死を連想させるようなモチーフも多くなります。

最期の作品は、机を前にした男性。逞しい腕の半袖姿ですが、その表情は思いつめたように見えます。卓上には白い紙が置かれていますが、何か描かれるはずだったのかどうかは分かりません。


5章 再生「とにかく かく」

海外のアートフェアにもしばしば出展するなど、積極的に作品を発表していた石田。没後のアトリエから未公開の作品が大量に見つかっており、展示の機会に左右される事なく、ただひたすらに作品を作り続けていました。

どこか人を食ったような表現の中にも、絵に賭けた強い想いが溢れる作品の数々。都心近くとは言い難い平塚市美術館ですが、今年有数の充実感を覚えた、重量級の展覧会でした。

本展は足利市立美術館からの巡回展。平塚の後は砺波市美術館(9月6日~10月5日)、静岡県立美術館(2015年1月24日~3月25日)と回ります。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月11日 ]

石田徹也ノート

石田 徹也 (著)

求龍堂
¥ 3,240

 
会場平塚市美術館
開催期間2014年4月12日(土)~6月15日(日)
所在地 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL : 0463-35-2111
HP : http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/2014201.htm
展覧会詳細へ 石田徹也展 ─ ノート、夢のしるし 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社